筋肉が動く、燃える!SAM流ストレッチ①「1分で肩こり解消! 肩甲骨グルグル」

公開日:2020.5.15

更新日:2020.5.15

筋肉が動く、燃える!SAM流ストレッチ①「1分で肩こり解消! 肩甲骨グルグル」

リモートワークや運動不足で肩こりが悪化して、背中まで辛くなっていませんか?
人気ダンス&ボーカルグループTRFのダンサー、SAMさん考案のストレッチは、筋肉や関節を伸ばすだけでなく、筋肉がよく動くために血液循環がUP! 代謝を上げながらコリを解消し、ヤセやすい体質に変われます。わかりやすい解説動画や続編も合わせてどうぞ!

この記事の監修

 (25303)

【写真右:丸山泰幸さん】
岩槻南病院院長。循環器専門医として心疾患患者の運動療法の推進に力を入れる他、いとこであるSAMさんが考案した健康増進のためのダンス、ストレッチの監修を務める。

【写真左:SAMさん】
ダンサー、TRFのメンバー。近年は多彩なアーティストの振り付け、コンサートのプロデュース、幅広い年代が無理なくできる「ダレデモダンス」の普及活動などを行う。著書に『年齢に負けない「動ける体」のつくり方』(クロスメディア・パブリッシング)。

ストレッチをすると、体はみるみる元気になる

「ストレッチ=軽い準備運動と思いがちですが、想像以上に筋肉を動かすことができます」と、アラカンにして現役ダンサーのSAMさん。
 長年のダンサー経験で培ったトレーニングのノウハウを、一般向けにアレンジしたのが「SAM流ストレッチ」です。

「ストレッチは血液循環を良くするだけでなく、深層筋を鍛えて代謝を上げ、カロリーを消費する効果も。また筋肉を使うと脳の刺激になり、自律神経の調節機能が整います。全身のコリもなくなり、不調知らずの体になりますよ」と、SAMさんのいとこで医学博士の丸山泰幸さん。

「仕事の合間やテレビを見ている時、電子レンジの温め中など、"ながら" でOK、毎日やると体は確実に変わります。音楽に乗るのも、継続&運動効果アップの大きなポイント。」とSAMさん。
「音楽に引っ張られて体が動くので、曲のサビを口ずさみながらやるだけでも違いますよ!」

肩コリ解消!「肩甲骨グルグル」のやり方

スマホやパソコンの見すぎで、凝り固まりがちな肩まわり。内回し、外回しを5回ずつやるだけで、肩甲骨のまわりの筋肉がほぐれます。
 (25304)

 (25305)

これから点線のようにグルッと肩を回すストレッチです。
まず、椅子に座ったまま背筋を伸ばし、両肩に手を置きます。胸を開き、ひじを肩のラインまで上げますが、肩が痛い人はできる範囲で。
 (25306)

肩に手を置いたまま、ひじを頭のほうにできるだけ近づけるように上げていきます。痛みを感じる人は、上がるところまででも大丈夫。
 (25307)

上げたひじを顔の前に持ってくるようにして回し、ひじ同士を寄せてくっつけます。写真の位置でなくても、寄せやすい位置でOK。
 (25308)

ひじを離して胸のほうに下ろし、1の状態に戻します。1~4の内回しを流れるように5回やったら、今度は外回しを5回行います。

SAMさん自ら動画で実演! 肩甲骨グルグル

ここで紹介する「SAM流ストレッチ:肩甲骨グルグル」を、SAMさんが自ら実演、解説しています。ぜひチェックしてみて!
撮影/神尾典行
(からだにいいこと2019年3月号より)