筋肉が動く、燃える!SAM流ストレッチ②「むくみ・便秘スッキリ!リズム屈伸 & 腰ひねり」

公開日:2020.5.15

更新日:2020.9.18

筋肉が動く、燃える!SAM流ストレッチ②「むくみ・便秘スッキリ!リズム屈伸 & 腰ひねり」

リモートワークやおこもり生活が続くなか、運動不足でからだも心も重くなっていませんか?
人気ダンス&ボーカルグループTRFのダンサー、SAMさん考案のSAM流ストレッチ、後編②では、その場でカンタンにできる2つのエクサを動画つきでご紹介。お気に入りのナンバーをBGMにスッキリしましょう ♪

この記事の監修

 (25318)

【写真右:丸山泰幸さん】
岩槻南病院院長。循環器専門医として心疾患患者の運動療法の推進に力を入れる他、いとこであるSAMさんが考案した健康増進のためのダンス、ストレッチの監修を務める。

【写真左:SAMさん】
ダンサー、TRFのメンバー。近年は多彩なアーティストの振り付け、コンサートのプロデュース、幅広い年代が無理なくできる「ダレデモダンス」の普及活動などを行う。著書に『年齢に負けない「動ける体」のつくり方』(クロスメディア・パブリッシング)。

むくみスッキリ!「リズム屈伸」のやり方

下半身の筋肉を効率的に動かして、全身の血巡りアップ&むくみ解消!
簡単な動きですが、意外と負荷がかかります。まずは30秒くらいを目標にやってみて。
 (25329)

 (25323)

背筋を伸ばし、足は肩幅くらいに開く。上半身は力を入れずリラックス。腕は両脇に下ろす。
 (25372)

【1. ひざを曲げてまっすぐ腰を落とす 】
ひざを曲げて、上半身を真下に落とします。太ももの筋肉を意識して。
ひざを深く曲げるほど効果がアップ!

【 2. 軽くかかとを上げてひざを伸ばす 】
ひざを伸ばす反動でかかとを上げ、伸び上がる。
かかとはできる範囲で上げればOK!伸びるときはふくらはぎの筋肉を意識して。

1と2をくり返す。

便秘改善「腰ひねり」のやり方

日常生活ではやらない “ひねり" の動作。両腕を上げて体をひねると体幹が鍛えられます。
腸への刺激にもなり、便秘改善効果も。1日、左右それぞれ4回ひねりが目安です。
 (25370)

 (25331)

【 1. 左手を前に振り軽く体をひねる 】
左手を前に振り、体を右方向にひねる。下腹部をキュッと締め、腕は水平をキープ!

【 2. 右手を前に振り軽く体をひねる 】
右手を前に振り、体を左方向にひねる。腕の振りが 1より小さくならないように注意。
 (25332)

【3. 左手を前に振り、軽く体をひねる 】
左手を前に振り、右方向に体をひねる。1~3の腕の振りが均等になるよう意識して。

【4. 右手を前に振り、左脚を右側に上げる 】
右手を振って体をひねりながら、左脚を右方向にアップ。右足のかかとは地面につけたままで。
 (25368)

 (25369)

SAM流ストレッチ:リズム屈伸

ここで紹介する「SAM流ストレッチ:リズム屈伸」を、SAMさんが自ら実演、解説しています。ぜひチェックしてみて!

SAM流ストレッチ:腰ひねり

続いて運動不足でなりやすい便秘にも効く、「腰ひねり」を実演!
撮影/神尾典行
(からだにいいこと2019年3月号より)