• 更年期不調をスルー! 助産師の「美しい子宮エクサ」

    2019.07.03

    更年期不調をスルー! 助産師の「美しい子宮エクサ」

    ひとくちに更年期の不調といっても、症状の重さには大きな個人差があります。40年以上女性の体と向き合ってきた助産師の南部洋子さんによると、その差は「子宮の健康状態の差」なのだそう。そこでおすすめなのが、子宮エクササイズ。更年期前から習慣にして、イキイキとした50代60代を過ごしましょう!

  • 専門家が断言!「セックスレスでもOK」な7つの理由

    2019.05.30

    専門家が断言!「セックスレスでもOK」な7つの理由

    からだにいいこと読者260人のアンケート結果では、約7割がセックスレスでした。女性ホルモンや子宮を守るために、セックスは “しなければならない” と思い込んでいる人もいましたが、専門家は「無理をしてまでする必要はない」とアドバイスします。

  • 子宮・卵巣の「年齢別ケア」で老化は止められる! 

    2019.02.22

    子宮・卵巣の「年齢別ケア」で老化は止められる! 

    女性が健康でキレイに過ごすために、子宮・卵巣は大切な器官。その役割は一生を通じて変化して行きます。初潮を迎えるまでに数年かかるように、子宮・卵巣はゆっくりと成長します。そして生理、閉経と加齢とともにさまざまな変化が訪れます。ベストな状態をキープするために、年齢に合ったケアを実践して、若々しくいきましょう!

  • 仁平美香さん監修!ゴロ寝で生理痛改善「月経血コントロールヨガ」

    2019.02.07

    仁平美香さん監修!ゴロ寝で生理痛改善「月経血コントロールヨガ」

    重い生理痛やPMSなど、月経トラブルに悩んでいる人は多いでしょう。月経血コントロールヨガとは、内臓を支える骨盤を整えて、子宮の血流を改善し、生理や更年期など、女性特有の体の“はたらき”を整えるもの。体に負担のかかるようなハードなポーズはほとんどなく、寝ながらできて、体がかたい人にも無理がありません。「つらい生理痛が消えた」「ヤセて太らなくなった」など、体験者からのうれしい報告がたくさんあるとか。たるみすぎずかたすぎず、適度な弾力がある”ふわぽか”子宮を目指す、人気講座を開くヨガ講師仁平美香さん監修の「月経血コントロールヨガ」をご紹介します。

  • 生理が早く終わる「経血コントロール」のやり方とコツ

    2018.12.08

    生理が早く終わる「経血コントロール」のやり方とコツ

    生理が1週間以上ダラダラ続いたり、腰回りの重さや痛みに悩まされていませんか?そこでおすすめしたいのが、トイレで経血を出す「経血コントロール」。 生理をラクにして、子宮・卵巣力を高める究極のテクニックです。トイレのたびに経血をまとめて出すことができるようになると、早く出し切れるので、生理が4日ほどで終わる上に、使用するナプキンも減ります。さらに子宮・卵巣の負担を減らし、「体のリセット」という生理本来の目的がスムーズにできるようになるというメリットも!

  • 生理が早く終わる? 布ナプキンの「効果」と「使い方」

    2018.11.23

    生理が早く終わる? 布ナプキンの「効果」と「使い方」

    紙ナプキンをやめて布ナプキンに切り替えると、どうなるのでしょうか? 編集部員が検証した結果、生理がこんなにラクだったのかと驚きました。

  • 胚培養士が教える「女性ホルモンを整える15の習慣」

    2018.10.30

    胚培養士が教える「女性ホルモンを整える15の習慣」

    女性にとって、子宮と女性ホルモンの働きを整えることは、体調改善や美しさを保つことにつながります。不妊治療の現場で、卵子や精子、受精卵を管理する「胚培養士」という仕事に携わるプロが、子宮や女性ホルモンの働きを整えるために、日常生活で心がけたいことをアドバイス!

7 件