幸運を引き寄せお金が舞い込む、「からだ風水」

公開日:2018.11.3

更新日:2018.11.3

幸運を引き寄せお金が舞い込む、「からだ風水」

体は神様が住む神社のようなものだといわれます。老廃物がたまっていると、幸運を引き寄せる福の神は遠のき、貧乏神が寄ってきます。「からだ風水」は、老廃物を体から追い出し、体にある7つのエネルギーポイントを呼吸で活性化。福の神が住みやすい環境が整い、運気がアップします。

老廃物が貧乏神を引き寄せる

貧乏神の大好物は、汚い、暗い、くさい、冷たい、じめじめの5大邪気。体にためこんだ老廃物を追い出して、貧乏神を退治しましょう。

●便秘、宿便で「汚い」

老廃物が体の真ん中に居座った状態が長期間続くと、強力な邪気を発します。積極的に食物繊維を摂って、便秘を解消!

●うつ、気の滅入りで「暗い」

 (1022)

うつむき加減でかげった表情をしていると、貧乏神に目をつけられます。背筋を伸ばして、明るい気分になる努力をしましょう。

口臭、冷えにも貧乏神が寄ってくる

●口臭で「くさい」

 (1026)

口臭は体の不調や、口内の雑菌繁殖などのサイン。口の中が乾燥しているとおきやすいので、まめな水分補給で解消して。

●冷え症、血流が悪くて「冷たい」

ひんやりとした手足は邪気の温床に。ウォーキングなどの運動で代謝を上げ、あたたかい体に。

●むくみ、リンパの流れが悪い「ジメジメ」

めぐりの悪い体は貧乏神の大好物。脚のつけ根などを押してリンパを流しましょう!

幸運体質&金運アップ「七色呼吸」

体の中にある7つのエネルギーポイントをイメージと呼吸法で活性化します。
まず、リラックスした状態であぐらを組み、呼吸を整えます。お尻の下に大地が広がり、エネルギーが充満していることをイメージ。エネルギーは赤くなり、深い呼吸とともに、会陰(えいん=肛門と性器の間)から下半身を満たしていきます。
 (1034)

深い呼吸を続けていくと、そのエネルギーは体の中を上昇します。丹田(おへその5cm下)までのぼってくると、オレンジに変化。みぞおちは黄色、胸の中心は緑、のどは青、額の真ん中は藍色、頭のてっぺんにある百会(目の中間と左右の耳を結んだ交差点)は紫と順に色が変化。最後は百会から白くなったエネルギーが抜け、天に昇っていきます。

金運アップには、みぞおち、丹田、会陰を活性化すると効果を発揮します。

宝くじをあてたいなら⇒みぞおち付近を温める

肩幅に足を開き、肛門を軽く締めます。両手のひらをお腹にあて、ふくらませ、へこませます。この動きを1秒で行い、30回ほど繰り返して。下腹を動かすと丹田に活力が湧き、貯金が減るのを防いでくれます。

お金を引き寄せたいなら⇒会陰(えいん)をトレーニング

 (1039)

肛門をキュッと締める、ゆるめる、を30回ほど繰り返します。お尻にある肛門括約筋を鍛え、会陰に活力が湧くことで、お金を引き寄せる効果が。電車に乗っている時など、立ち姿勢で行いましょう。

その日の邪気はその日のうちに祓う

からだ風水の仕上げは、「お祓い手洗い」。手は運気をつかむところであり、気の出入り口です。きちんとお手入れしましょう。腕から手の甲、手のひら、指の1本1本までしごきながら洗って。これで貧乏神予防ができますよ。

この記事の監修

かんだみなみさん

からだ風水師。風草花(ふ~そうか)主宰。オステオパシーやアロマを取り入れた整体が好評。著書に『体をリセット、運気をアップ!幸運体質をつくる!からだ風水』(BABジャパン ¥1,512)。

イラスト/前田まみ
(からだにいいこと2018年1月号より)