竹と笹を24%使用。地球の未来にやさしいガレット誕生!

公開日:2020.4.13

更新日:2020.4.13

竹と笹を24%使用。地球の未来にやさしいガレット誕生!

竹林を美味しさに変える! そんな新しいテーマのスイーツが登場。竹と笹を使ったお菓子って、どんな味か気になりますよね。からこと編集部がレポートします。

地球と共生するスイーツとは?

どうせだったら、地球にやさしいものを選びたい。そう考える女性が、どんどん増えています。

今回ご紹介するのは、サステナビリティというコンセプトから生まれたスイーツ。ちなみにサステナビリティとは、自然と共生していく社会システムの取り組みのこと。

「地球料理 - Earth Cuisine - 」は、その素材を食べる事で地球のためになる、地球の新たな食材を見つける、サステナビリティのプロジェクトです。

放置竹林からできたガレット

いま日本では「放置竹林」が増加し、社会問題となりつつあります。そこで、原料に竹と笹を24%も使ったスイーツを開発。「竹を味わい尽くす」、まったく新しいガレットが誕生しました。

この「Bamboo Galette(バンブーガレット)- 竹害から生まれたガレット - 」は、海外からも注目を集める新進気鋭のシェフ薬師神陸氏と、和菓子作家の坂本紫穗氏プロデュースによるもの。
 (23680)

1988年愛媛県生まれ。辻調理師専⾨学校フランス料理講師を経て 、予約困難な人気レストラン『SUGALABO』(東京/神⾕町)の⽴上げから尽⼒、同店のシェフを勤める。2019年7月より独立。「⾷のリテラシーを磨く」をコンセプトに、イベントディレクター、ケータリング、セミナー、メニュー監修など多彩に活動している。
このプロジェクトでは、すでに第一弾として、間伐材を使用したパウンドケーキ「 Eatree Cake - 木から生まれたケーキ - 」を発売。大好評を博しています。

サクサク食感が竹っぽい!?


そのガレットをいただいてみると…。
竹の風味を生かしたというサクサクした食感が心地よく、バターのリッチな香ばしさとベストマッチ。笹塩のちょっとした塩気と、柚子の香りがアクセントになって、満足度の高い美味しさです。竹をイメージしたパッケージもおしゃれ。デスクに置いても目に楽しく、仕事の合間のごほうびにピッタリですね。
地球にやさしくて、美味しい! そんなスイーツを味わってみませんか。
 (23683)

■「BAMBOO GALETTE」竹害から生まれたガレット¥1,173(税抜き)