"24h臭わない女" のための10の習慣

公開日:2019.7.19

更新日:2019.7.30

"24h臭わない女" のための10の習慣

たくさん汗をかいた後、他人の視線が気になってドキッとしたことはありませんか?
ニオイに敏感な人が増えて「スメハラ」という言葉が普通になったいま、誰でも知らないうちに ”スメハラ女” になっている可能性が !?

そんな自分では気がつきにくい汗のニオイも、しっかり予防すれば大丈夫。汗をかいても24時間ニオわないための習慣で、爽やかな夏を過ごしましょう。

年々キツくなっている、日本人の体臭

からだにいいこと読者に行ったアンケート結果では、多くの人から、自分がクサくなる時間帯や、ニオう部位について回答が寄せられました。
そして95%の人が「他人のニオイが気になる」と回答したいっぽうで、「他人からニオイを指摘されたことがある人」は、わずか10%。自覚なしにスメハラをしている可能性があるのかも!?
 (11159)

実際に、食の欧米化が進んだことで、日本人の体臭は以前よりだんだんキツくなってきています。さらに40代からは、別名加齢臭とも呼ばれる「ミドル臭」が加わるので要注意。皮脂の酸化が主な原因になるので、皮脂量が増える夏場は特に気をつけて!

汗をかいても大丈夫。食事と無臭ケアで、ワキも頭皮も終日安心!

そこでニオわない女になるためには、まず生活習慣、特に食生活の見直しを。
肉類や乳製品に含まれる動物性たんぱく質や脂質は、摂りすぎると体内の脂質の分泌が増え、体臭の原因に。同じ材料でも揚げものや炒め物にするのではなく、茹でる、蒸すなどの調理法で脂質を減らしましょう。
実はカレーもニオイの元。香辛料は体温も代謝もアップさせます。それによって汗の量も増え、汗臭も強くなります。

上のグラフで読者がクサいと感じるワキや頭皮のニオイは、食生活を見直せば軽減できます。これから紹介する10の習慣を実践して、ニオわない夏を過ごしましょう。

これで24hニオわない! 10の習慣

 (11160)

朝起きて体がベタつく場合は、ニオイの有無にかかわらず軽くシャワーを浴びたり、濡らしたタオルで汗や皮脂をふき取ったりしましょう。40歳以上の人はティッシュで皮脂をぬぐい、ミドル脂臭がするかもチェック!

※ミドル脂臭(加齢臭):40歳を過ぎる頃から漂ってくるチーズのようなニオイ。加齢とともに増加する皮脂に含まれる脂肪酸が酸化して、ノネナールというニオイ物質に変わることが原因です。
 (11161)

牛乳やヨーグルト、チーズ、バターなど、朝食で食べることの多い乳製品。しかし、摂りすぎると皮脂がたくさん分泌され、ニオイの原因に。夏場だけでも少し控えてみるのも手。
 (11162)

身支度を整える時もニオイ対策を。汗をかきやすい部位には密着性の高いロールオンタイプやジェル状の制汗剤がおすすめ。外出するなら、シャツや下着の替えを持参しましょう。
 (11163)

汗をかいたらタオルで汗をふき、シャツや下着を替えましょう。外出先で着替えたシャツは、その日のうちに洗濯すること。消臭効果のある洗剤を使って、汚れよりもニオイを取ることを優先して。
 (11164)

カレーに含まれているクミン、唐辛子やコショウなどの香辛料は体臭の原因に。ニンニクやニラ、ネギといった香りの強い薬味もニオイのもとになるので要注意。食べた翌日までニオイが残ることがあります。
 (11165)

汗腺とミドル脂臭が重なるワキや胸元だけでなく、ミドル脂臭が発生しやすい頭皮、くさくなりやすい足指の汗もふき取りましょう。自分でニオイを自覚する前に、”スメハラ”対策を。
 (11166)

疲労がピークに達する夕方は、最も「自分の体がニオっていると気づく時間帯」のようです(詳細は上のグラフ参照)。体をタオルでふく時間がなくても、人に会うなら制汗剤やコロンで手早くニオイ対策を。
 (11167)

動物性たんぱく質を摂りすぎると消化に時間がかかります。すると腸内環境が悪化し、汗や便がクサくなることも。油分の多い料理も体内で活性酸素が発生するため、加齢臭が強くなる傾向が。夕食は油控えめのあっさりした和食がおすすめ。
 (11168)

あまり汗をかかない人は、汗腺の機能が衰えていて、アンモニアなどの成分を含むクサい汗をかきがち。そこで、熱い湯船に浸かって汗をたくさんかけば、ニオイのしないサラサラとした汗質に変えることができます。
 (11169)

体臭は睡眠の質とも深く関わっています。寝苦しい夜はエアコンで湿度を下げたり、扇風機で風通しをよくして、快適な室温を保つこと。寝汗を吸ってくれる綿素材のパジャマやTシャツを着て、ぐっすり眠りましょう。

1週間で気になる部位の不快臭が軽減 !

編集部Wが10の習慣を実践してみたところ、体臭測定器の結果にも効果がバッチリ!
食事は香辛料と薬味を控え、肉の代わりに焼き魚や練り製品でたんぱく質を補給。油を控え、牛乳を豆乳に置き替えて飲んだところ、汗をかいてもキツいニオイがしなくなりました。さらに胃もたれもしにくくなるという、うれしい変化も。
 (11170)

体臭測定器と専用アプリを連動させ、頭、耳の後ろ、ワキのニオイを分析。なんと1週間で全部位の数値がダウン!
一つひとつは誰にでもできるカンタンなことばかりです。
まめな対策を習慣にして、暑い季節も爽やかに過ごしてくださいね!

この記事の監修

髙瀬聡子さん

皮膚科医。ウォブクリニック中目黒総院長。専門は皮膚科と美容皮膚科。丁寧でわかりやすいカウンセリングをモットーとしている。著書に『ゆる美容辞典』(講談社¥1,404)他。
イラスト/村澤綾香
(からだにいいこと 2019年09月号より)