がんの生存率も気の持ちよう?

公開日:2019.7.29

更新日:2019.7.29

がんの生存率も気の持ちよう?

あなたの毎日を今よりちょっと健康に!からだにいいこと編集部が季節の「プチ健康事典」をお届けします。

Stethoscope Doctor Medical Blood - Free photo on Pixabay (10812)

イギリスの信頼度の高い科学雑誌『ランセット』が、興味深いデータを発表しました。早期乳がん患者57人に質問をして、その答えから4つ心理傾向のグループに分け、10年後の生存率を比較したもの。

もっとも生存率が高かったのは「がんと徹底的に戦う」グループ。2番目はなんと「がんなんか放っておく」と無視を決め込んだグループ。3番目は「医師のいいなりになる」グループ。
そして、飛びぬけて生存率が低かったのは「絶望感にとらわれ落ち込む」グループだったそうです。

あなたやあなたの家族は、どのグループですか?