「冷え+αの不調」の味方 ヘスペリジンのいいことに注目

公開日:2020.12.16

更新日:2020.12.16

「冷え+αの不調」の味方 ヘスペリジンのいいことに注目

みかんなどの柑橘類に含まれる柑橘ポリフェノール・ヘスペリジン。冷えだけでなく、血流の悪化にともなうさまざまな不調に悩む人は要チェックです。

冷えと同時に起きる不調の改善を 得意とするのがヘスペリジン

冷えを感じている人は、その他の不調も感じていることが多いもの。下記のチェックはいずれも冷えと同時に起きる「冷え不調」です。
 (34878)

こうした「冷え不調」の原因は血流の低下が関係しているため、一時的な温めではなかなか改善しません。そんなときに頼りになるのが、柑橘ポリフェノール「ヘスペリジン」です。

ポリフェノールとは、植物に含まれる抗酸化物質のこと。ぶどうやカカオなどに含まれるポリフェノールが注目されていますが、みかんに含まれる柑橘ポリフェノールは血流の改善効果を持つことが特徴です。

「冷え不調」を感じる人は、これからの季節、「ヘスペリジン」を毎日の生活に取り入れてみては。

みかんのチカラ! 柑橘ポリフェノール「ヘスペリジン」とは

ヘスペリジンとは、みかんの皮の白い部分や果肉を包む薄皮に多く含まれる成分です。
みかんのヘスペリジン含有量(成熟みかんの各部位100g中)

みかんのヘスペリジン含有量(成熟みかんの各部位100g中)

※「果実の科学」朝倉書房刊(1991)P130-143 より
血管を柔軟にして血流を改善する作用(下記グラフ参照)が知られていますが、そのほかにも様々な働きが認められています。
 (34880)

寒く感じる24℃の部屋で過ごした場合の手の血流変化を測定。
** p<0.01, * p<0.05, † p<0.10 vs. プラセボ

ビタミンCリサイクル作用

ヘスペリジンはビタミンC の働きを助ける柑橘成分として発見されました。ストレス等で減っていく体内のビタミンC 量を保つことが報告されています。

中性脂肪低下作用

中性脂肪が高めの男性で、糖転移ヘスペリジン摂取により中性脂肪値が下がりました。悪玉コレステロール値の低下も報告されています。

ストレス改善作用

糖転移ヘスペリジン摂取前後で単純計算作業を行った実験では、ストレスが緩和され集中力や作業効率がアップしたことが示唆されました。

冷え+αのお悩み読者がヘスペリジンを3週間お試し

ヘスペリジン入りのサプリメントを、読者に3 週間試してもらいました。ストレス、睡眠、肌、便秘の悩みはどう変わったのでしょうか。

お悩み(1)「冷え+ストレス」

【GOOD】体温が上がってストレス度も低下しました
 (34902)

 (34901)

アプリ「ストレススキャン」でストレス度を測定したところ、お試し開始前は88 だったストレス指数が46 に低下しました。
もともと体温が35.5℃だった住友さん。
「首コリや肩コリ、目の疲れなどもひどく、いつも指先が冷たかったのですが、日に日に体温が上がって36.3℃になり、指先の冷えも感じにくくなりました。朝は目が覚めてもすぐには動けなかったのが、人並みに動けるようになりストレス度も低下。顔色の悪さも改善されました」。
【GOOD】疲れやすさが軽減、元気に動き回れるように

「5日後ぐらいから、朝起きるときの辛さが軽くなりスッと起きられるようになりました。また、夕方は横になると疲れてすぐ寝てしまっていましたが、元気に動き回れることが増えた気がします。つらかった冷えもやわらぎ、お風呂(41℃)に10分ほどつかっていると汗が出てくるほどになり、びっくりしています。(植野雅代さん・50歳)

お悩み(2)冷え+睡眠

【GOOD】中途覚醒が少なくなり朝はすっきり
 (34907)

夜、トイレに起きることが多いのが悩みだったという原山さん。
「お試しを始めてから、トイレに行くために起きる回数が格段に減りました。まだ途中で起きてしまう日がゼロではありませんが、そんな不規則な睡眠の日でも寝起きはいいです。顔の血色がよくなったため、ノーファンデの日が増えました」。
 (34906)

アプリ「熟睡アラーム」で睡眠中の状態を毎日記録したところ、お試し前と比べて、中途覚醒の時間が短い日が多くなりました。朝の目覚めもスッキリ。
【思わぬ効果があった】睡眠は改善しなかったけれどむくみがラクに

睡眠や冷えが改善した実感はなかなか得られなかったものの、2週間を過ぎた頃からむくみが自覚できるほどすっきり。「むくみが軽減したので脚が疲れにくくなりました。また、お肌のきめが前より整い、調子がいいようです」。(遠藤梨絵さん・39歳)
【効果を感じなかった】モニター前後で睡眠、肌など変化せず

お試し中、冷えが少なくなった気もしますが、寒い時はちゃんと冷えたのでなんとも言えません。睡眠や肌の変化も特に感じませんでした。(長岡奏恵さん・48歳)

お悩み(3)冷え+肌

【GOOD】水分量が増えてしっとり肌に
 (34910)

肌と目の乾きが気になっていたという川島さん。
「暇さえあれば目薬を差していましたが、その回数が明らかに減りました。チェッカーの結果のように肌水分量が増えたせいか、お風呂上がりにすぐ化粧水をつけなくても乾燥を感じませんでした。触ってもしっとり。ファンデーションのノリも良くなったようです」。
 (34911)

肌チェッカー「美ルルスキンチェッカー」で測定したところ、お試し後は水分量がアップして「肌状態が非常によい」という判定に。
【GOOD】肌のくすみやむくみが軽減された

肌の水分量が「美ルルスキンチェッカー」で44→47にアップ。「肌の透明感がアップし、くすみやむくみが軽減されたと感じました。また、デスクワークで脚のむくみがひどかったのですが、夕方になってむくみや冷えを感じず快適に過ごせました」。(早川レイさん・30歳)
【GOOD】肌のくすみが2段階改善

5段階のアンケートで開始前は肌のくすみが「5」だったのが、モニター後には「3」に、便秘が「3」だったのが「1」になりました。「お肌と腸の調子が良くなりました」。(山下由実さん・48歳)

お悩み(4)冷え+便秘

【GOOD】便の質がよくなり回数も増加
 (34915)

お試し前には頑固な便秘に悩んでいた土屋さん。
「続けるうちに毎日少しずつ改善され、回数が増えてスルッと楽に出るようになったことを実感しました。ずっと感じていただるさや疲労感、肩コリ、寝覚めの悪さも改善されて、生活リズムは変わらないのに体にうれしい変化があったことにびっくりしています」。
 (34917)

「ブリストルスケール」で便の状態を確認したところ、お試し前は「2 硬い便」だったのが、理想的な「4 普通便」に。
【GOOD】体温が0.9℃上がり、便秘や手足の冷えが改善

モニター開始前の体温が35.4℃だったのが、3週間後には36.3℃にアップ。「ブリストルスケール」も「1 コロコロ便」が「3 やや硬い便」に2スコア改善しました。「今までは足先がじんじんと痛いぐらい冷えていましたが、痛みを感じなくなり、散歩がてらのウォーキングでも汗をかけるようになりました」(勅使河原亜矢さん・47歳)
【GOOD】便秘のひどさがやわらぎ、寝起きの冷えがなくなった

体温やブリストルスケールに変化はないものの、便秘の自覚が5段階中「5」から「2」と大幅に軽減。「今までは朝起きると体が冷えていたのに、お試しを始めてすぐに冷えを感じなくなりました。軽く運動したぐらいの感じで朝を過ごせるので驚いています」(遠藤あきこさん・49歳)