【連載】糖質ばかりの食生活が “歯周病” の始まりに!

公開日:2020.4.22

更新日:2020.4.23

【連載】糖質ばかりの食生活が “歯周病” の始まりに!

管理栄養士・麻生れいみさんが、糖質コントロールによる健康づくりを教えてくれるこの連載。
最終回の今月のテーマは「歯周病」。過剰な糖質摂取が、誰でも歯の病気につながることを知っていますか?

提供:サラヤ

この記事の監修

 (23192)

麻生れいみさん

管理栄養士。健康的に1年で20kgやせた自身の経験から、約6,000人のダイエットを指導。『20kgやせた! 麻生式ダイエット1週間チャレンジ!』(宝島社)他、著書多数。
https://ameblo.jp/reimi-aso/

糖質に偏った食事は、歯茎を弱めて「歯周病」に!

糖質ばかりの食事が続くと、歯茎の血管が傷ついて炎症が起こり、歯周病菌が増殖。するとこれに対抗するサイトカインというたんぱく質が分泌。サイトカインは、血糖値を正常にするインスリンの働きを低下させるため、血糖値コントロールが効かなくなるという悪循環に!
 (23227)

さらに肥満になると…「炎症物質」が歯の骨を溶かす!

高血糖が続くと肥満になりやすくなります。肥満は歯周病に大きく影響。肥満細胞から、炎症などに関わる「TNF-α」という物質が分泌され、歯を支える歯槽骨(しそうこつ)を溶かすといわれています。それによりますます歯周病が悪化するのです。
 (23228)

歯を守るためにも糖質コントロールを

歯周病を予防して歯を守るには、糖質に偏らない食事が欠かせません。ごはんやパン、甘い物の摂りすぎに注意する、白米に雑穀を混ぜる、調味料を工夫するなどして、食後血糖値を急上昇させない食事が歯の健康を作ります。

毎日の食事を変えて「糖質コントロール」を!

食後血糖値に影響がない、カロリー0の自然派甘味料 「ラカントS 顆粒」

植物の「羅漢果(ラカンカ)」のエキスと、トウモロコシの発酵から作られる「エリスリトール」。2つの天然素材から作られた、カロリー0の自然派甘味料。食後の血糖値に影響がなく、人工甘味料不使用で体にやさしい。顆粒のほかに、シロップ(280g)もあり。
 (23213)

ラカントS顆粒/130g【砂糖・調味料売り場用】
 (23215)

ラカントS顆粒/130g【健康食品売り場用】

糖質36%オフなのに、食物繊維は白米の8倍!「へるしごはん」

白米と比べて、糖質36%オフのヘルシーなごはん。特別品種の高アミロース米と大麦、うるち米を特別な比率で配合。白米より低糖質なのに食物繊維は8倍で、味や食感もおいしい。いつものごはんを変えるだけで“糖質コントロール”に。
 (23219)

へるしごはん/150g
イラスト/坂木浩子
(からだにいいこと2020年6月号より)