アシックス温活イベントレポート(前編)新商品レポート&腸活エクササイズ講座

公開日:2018.11.21

更新日:2018.11.28

アシックス温活イベントレポート(前編)新商品レポート&腸活エクササイズ講座

機能性の高いライフスタイルシューズを提供するアシックスウォーキングの温活イベントに参加してまいりました。
「温活」をテーマに、足元から、体の中から温まった皆さんの様子をレポートします。

会場は池尻大橋のオシャレなカフェスペース。
 (2159)

イベントには、心地よい歩きを探求・実践するアシックスウォーキングのコミュニティ「ある活推進部」の皆さんが集まりました。
ある活推進部は、「一人でも多くの方に歩く楽しさを味わってほしい」という思いから2017年に誕生し、ウォーキング講座やフォトウォークなどのイベントを実施しております。そして今回は「温活」をテーマに、足元から、体の中から温まった皆さんの様子をレポートします。

商品紹介&ウォーキングのポイントを伝授

はじめに、アシックス商品企画担当者様より秋冬の新商品のご紹介とウォーキングのポイントを教えていただきました。
アシックスのタウンユース婦人靴ラインの「PEDALA(ペダラ)」は、タウンユースの靴でありながらも、歩きやすさを追求しているのが特徴です。
カーブラストという、つま先を内側に傾けた靴型を使っていることで履き心地のよさを実現しています。
また、ヒールの「コツコツ」という嫌な音がしないよう、底の部分は響きにくく音をカットする構造になっているそう。

秋冬の新商品は、あたたか素材の「ダブルサーモ」というシリーズです。
ダブルサーモは、吸湿発熱と遠赤外線放射という2種類の発熱効果のある素材を中敷きや足の甲部分に使用しており、普通の靴より約2度も温かいのだとか。

今回試着させていただいたダブルサーモシリーズの1212A025はパンツにもスカートにも、オールマイティに合わせやすいブーティタイプ。実際に履いてみると、ヒールがあるのにとっても歩きやすく、寒い場所で歩いていると脚がぽかぽかするのを感じました。
カラーは001ブラックです

カラーは001ブラックです

靴選びも大切ですが、ウォーキングの効果を高めるポイントは3つ!
①姿勢を意識してしっかり前を見る
②つま先を上げる
③週3日程度歩くこと

週に1度では効果が少ないので、健康・美容のためにはぜひ週3回程度歩いて欲しいとのことでした。

温活エクササイズ講座

続いては、ティップネス トレーナー鈴木真輝子さんによる、温活エクササイズのレッスン!
あたたかい靴で足冷やさないのはもちろん、腸もみや腸活エクササイズを行うことで日常的な冷えを改善できますよ。

まずは寝転がっておなかをチェック。お腹を触ってみて冷たい人は冷えが現れていて要注意です。
 (2223)

次におへその周りを押してお腹の固さをチェック。
右側は痛い方はストレスが溜まっている可能性あり。
左側が痛い方は食生活が乱れているかもしれません。

おへそ回りを押したときにドクドクとした拍動を感じる方は腸の位置が正常な状態です。
おへそより下の方で拍動を感じる方は、腸が下がっている可能性があるので、指で優しく押し上げてあげてください。

続いては腸活エクササイズを教わりました。

立ってできる編

1.左足を前に出し、足を前後に開いて体を前に倒します。
 (2170)

2.そのまま左に体をツイスト。
お腹がねじれているのを意識するのがポイント。
 (2177)

3.一度体制を戻して、右足を前に。今度は右に体をツイスト。
 (2162)

座ってできる編

1.仰向けから少し体を起こす。
2.左足のひざを立てて、右足を伸ばす。


 (2180)

3.息を吐きながら左のひじと右のひざをタッチ。これを3回繰り返す。
 (2182)

4.今度は右足のひざを立てて、左足を伸ばす。
 (2198)

5.息を吐きながら右のひじと左のひざをタッチ。これを3回繰り返す。
 (2199)

今回は、お腹を温めながら腸の模様にそって腸もみができる「ティップネスサウナシェイパー」を付けながら行いました。
お腹が冷えがちな筆者も腸もみ&腸活エクササイズを今日から早速試してみたいと思います!
 (2166)

おしゃれに温活できるPEDALAの靴はこちらからチェック!

後編ではおいしくて温まる温活メニューをご紹介します。