水分補給で熱中症を予防

公開日:2019.7.11

更新日:2019.7.11

水分補給で熱中症を予防

あなたの毎日を今よりちょっと健康に!からだにいいこと編集部が季節の「プチ健康事典」をお届けします。

Bottle Closeup Drink - Free photo on Pixabay (9858)

よく口にする日射病、熱射病などの総称を熱中症といいます。
熱中症は戸外だけでなく、蒸し暑い屋内でも起こります。発汗による脱水症状が主な原因で、だるさやめまい、頭痛、吐き気などの症状が出ます。

また、ナトリウムなどのミネラル分の排出で、筋肉のけいれんや痛み、心臓機能の低下などを起こすことも。

夏、汗をかくのは当然ですが、汗をかいたらすぐに水やお茶を飲みましょう。特にスポーツ時は、ミネラルや塩分、糖分も含むスポーツドリンクを飲めば、汗とともに排出したものを補うことができますよ。