夏、冷たいものは身の毒

公開日:2019.7.12

更新日:2019.7.12

夏、冷たいものは身の毒

あなたの毎日を今よりちょっと健康に!からだにいいこと編集部が季節の「プチ健康事典」をお届けします。

Caipi Cocktail Glass - Free vector graphic on Pixabay (9861)

江戸時代の健康ジャーナリストともいえる貝原益軒の『養生訓』にある一節です。

冷たいものを摂り過ぎて、夏場は急な下痢や発熱が多いとのこと。その原因として、瓜類、生野菜、冷たい麺類、生水をあげています。

そういえば「夏は熱いものが薬」ということわざもありますよ。

現代は、冷房のきいた部屋やレストランで食事をすることが多いのですから、冷たいもののとり過ぎは昔以上。気をつけましょうね。