「指歯磨き」でピンク色の健康的な歯茎に!

公開日:2019.5.31

更新日:2019.11.7

「指歯磨き」でピンク色の健康的な歯茎に!

なんと歯茎には、足裏と同じく全身につながるツボが50以上もあります。このツボをまんべんなく指で押す「指歯磨き」をすると、血行やリンパの流れが改善して元気なピンク色の歯茎に! 歯周病・口臭・虫歯も防ぎます。全身のツボをダイレクトに刺激するので、内臓も活性化できる「指歯磨き」。1日1回、夜寝る前の歯ブラシ後の習慣にどうぞ。 

この記事の監修

吉田孝詞さん

青柳歯科クリニック院長。医学博士。アメリカで最新歯科医学を学ぶ一方で、歯科東洋医学にも精通。西洋・東洋医学の統合治療を行っている。

お口トラブル全般に効き、体の不調改善も

歯茎には無数の毛細血管があり、新陳代謝が活発に行われています。ところが、歯茎の血流が悪いと歯茎が腫れ、歯周病にかかりやすくなります。

そこで、効果的なのが「指歯磨き」。歯茎を刺激することで血行がよくなり、リンパの流れも活性化。唾液がでやすくなり、口臭や歯周病、虫歯の予防と改善につながります。

また、口腔内の感覚はとても強く、髪の毛1本の刺激も感知。指が各ツボに触れることで対応する部位が反応し、不調の解消が期待できますよ。

歯茎には全身につながるツボがある!

 (7899)

歯茎には、足裏と同じく全身につながるツボがあります。ツボは、歯の根元側と歯茎の根元側それぞれにあり、その数50以上。各部位を刺激すると、対応するからだの部位が反応します。

「指歯磨き」3つのメリット

【メリット1】血行がよくなり歯茎が引き締まる

歯茎をマッサージすることで血液やリンパの流れが促進され、代謝がアップ。引き締まったピンク色の歯茎になります。

【メリット2】唾液が分泌され、歯周病や虫歯予防に

歯茎に触れることで唾液の分泌が促進。唾液が出ると口臭予防になる他、虫歯菌や歯周病菌を撃退する作用もあります。

【メリット3】歯茎のツボ刺激で、全身の臓器が活性化

上のイラストで紹介した歯茎のツボを刺激すると、関連するからだの部位のコンディションが整います。疲労回復やリラックス効果も。

ツボ押し「指歯磨き」のやり方

1 表側の歯茎を指の腹でさする

 (7897)

事前に爪を切り、手を洗っておく。上の歯茎の左奥→前、右奥→前、下の歯茎の左奥→前、右奥→前の順に、人差し指の腹でくるくるとさするように磨く。

2 裏側の歯茎を指の腹でさする

 (7898)

裏側は指が動かしにくいため、指の腹を小刻みに上下させて磨く、順序は表側と同様に。基本は左奥からですが、気持ちよく感じる順序で磨いてもOK。
特別な道具は不要、すぐに始められますね! 指なので力加減がしやすいのが良い点ですが、強く押すとリンパの流れが滞ってしまいます。「指歯磨き」はやさしく触れるのがコツ。口内トラブル予防&改善に、今夜からぜひ始めてみてくださいね!

撮影/中村彰男 モデル/殿柿佳奈
イラスト/石山綾子
(からだにいいこと2018年11月号より)