アシックス温活イベントレポート(後編)五十嵐ゆかりさんの温活レシピ

公開日:2018.11.21

更新日:2018.11.27

アシックス温活イベントレポート(後編)五十嵐ゆかりさんの温活レシピ

アシックスウォーキングの温活イベントに参加してまいりました。
足元から、腸から温まった皆さんの様子をレポートします。

温活イベントレポートの前編はこちら。
腸もみ&エクササイズで体をほぐした後は、おいしくて温まる温活メニューをいただきました。
料理研究家の五十嵐ゆかりさんが考案した「ジンジャーレモンの玄米リゾット」「フライパン蒸し野菜のみそディップ」を味わいながら、メニューのポイントを伺いました。
 (2221)

ジンジャーレモンの玄米リゾットの作り方

 (2219)

材料:2人分

生姜(皮を薄くむいてみじん切り) 1かけ
玉ねぎ(みじん切り) 1/6個
オリーブオイル 小さじ2
玄米ご飯 200g
ツナ缶 1缶(70g)
水 250ml
醤油 大さじ1
バター10g
塩・コショウ 適量
レモンの輪切り 2~4枚 ※液体レモンでもOK
イタリアンパセリ 適量
ミックスナッツ(粗みじん切り) 10g
粗挽き黒コショウ 適量

作り方

1.フライパンにオリーブオイル、生姜、玉ねぎを入れて中火で熱し、玉ねぎが透き通るまで炒める。
2.玄米ご飯、ツナ、水、醤油を加えて水気が少なくなるまで5分ほど煮る。
3.バターを混ぜて溶かしたら火を止め、塩、コショウで味を調える。
4.器に盛ってレモン、イタリアンパセリを添え、ミックスナッツを散らして粗挽き黒コショウをふる。

フライパン蒸し野菜のみそディップの作り方

 (2220)

材料:2人分

かぼちゃ(1cm幅に切る) 40g
さつまいも(1cm幅の輪切り) 4㎝
レンコン(ピーラーで皮をむいて1㎝幅の半月切り) 2㎝
ブロッコリー(大きければ半分に切る) 2房
人参(1cm幅の輪切り) 4㎝

ごまみそディップ

(A)
みそ 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
酢 小さじ1
白すりごま 小さじ1
はちみつ 小さじ½
コショウ 適量

作り方

1.フライパンに水80mlを入れてアルミホイルをしき、かぼちゃ、さつまいも、レンコン、ブロッコリー、人参をのせる。蓋をして中火で熱し、蒸気が上がってきたら8分ほど蒸す。
※ブロッコリーとかぼちゃは火が通りやすいため、火が通ったら途中で取り出す。

2.蒸している間に(A)を混ぜる
3.野菜に火が通ったら器にもり、2のごまみそディップを添える。

食べてみた感想は…

玄米は食べにくいイメージがあったのですが、リゾットにすることによってパサパサ感もなくおいしくいただけました。トッピングのレモンが醤油味とよく合います♪
ご家庭で作る際は、カットレモンでなく液体レモンでもOKとのこと。

蒸し野菜のみそディップは、酢がアクセントになっていてこちらもとても美味しかったです。せいろや蒸し器がなくても簡単にできるのが嬉しいですよね。
根菜は温活には◎ですが、糖質が気になる方は大根などの糖質が少なめな根菜を選ぶのもおすすめですよ。

今回は玄米や根菜といった体を温める食材を中心に、家庭で再現できるような材料でレシピを考案したことがポイントとのことでした。
蒸し野菜はまとめて作って冷蔵すれば2~3日は保存がきくので、作り置きやお弁当にも使えます。

おいしいご飯をいただいて、ほっこり気分になった皆さん、大満足の様子でした。
これからの寒さに向けて、ぜひ温活を習慣にしてみてくださいね。
ウォーキングや健康について楽しく学べる「ある活推進部」の活動に興味がある方はこちらからご応募ください!