年齢と共に減る「酵素」。“スマートボディ”を目指す秘訣とは?

公開日:2021.4.16

更新日:2021.4.16

年齢と共に減る「酵素」。“スマートボディ”を目指す秘訣とは?

体内環境が整っていなければ、栄養や成分を十分補給できないため、カラダに活かせません。そこで酵素の働きをかりて、スマートボディになる秘訣を内視鏡の第一人者・新谷弘実医学博士にお聞きしました。

提供/新谷酵素

教えてくれたのは:新谷弘実さん

 (39549)

医学博士。アメリカ胃腸内視鏡学会などで、多くの賞を受賞している胃腸内視鏡分野の世界的権威。世界で初めて、大腸内視鏡を使ったポリープ切除術を考案し、その技術により功績を称され、医学誌『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』において、医学界に大きな影響を与えたドクターのひとりに選ばれた。著書『病気にならない生き方』はミリオンセラー。

体内環境を整えてスマートボディを目指す!

 (39563)

 (39551)

体内環境が整っていない状態では、どんな栄養も成分も十分補給できず、カラダに活かすことができないんだよ。

「活きている酵素」とは

 (39552)

消化酵素が不足すると、代謝酵素が消化に使われるため、新陳代謝が促されず太りやすくなってしまう。しかも年々体内酵素は減少していくので、酵素を補う必要があるんだ。
 (39555)

※SOD誘導体について
出典:Blood, Vol76, No4(August 15). 1990 pp835-841
しかし、酵素サプリメントはなんでもいいわけではないんだよ。それというのも、酵素は、 熱に弱い、水に弱いという特徴があるんだけど、多くの酵素サプリメントや酵素ドリンクは、加熱処理が施され、酵素の本来の働きを失っている……。

そこで、私は、酵素本来の働きを保った、活きている酵素サプリメントの研究開発を始めたんだ。
 (39553)

栄養素を豊富に含む、発芽玄米や大豆などの10種の穀物を蒸して、40℃まで冷ましたところに麹菌を種付け。その種菌は、約3000種類の麹菌を研究して選ばれたオリジナルなもの。

種付けしたものは無菌室で48時間発酵させ、その後、低温の風を当てて乾燥させて粉末にします。

善玉菌を増やしてカラダサイクルを活性化しよう

 (39556)

善玉菌が生み出す「短鎖脂肪酸」はカラダサイクルを活性化させる成分。そのためボディメイクには酵素で内側の環境を整えたうえに、善玉菌を増やすことも大切なんだよ。そこで見つけた2つの乳酸菌を紹介しようね。
 (39557)

【ナノ型乳酸菌(フェカリス菌)】
体内に入ると善玉菌のごちそうとなり、善玉菌を育てて増やしていきます。

【有胞子性乳酸菌】
殻に包まれているため熱・酸に強く、体の中で殻を破って発芽し、すぐに生きた善玉菌として働きます。

菌活サプリ「夜遅いごはんでも W菌活ボディメイク」を!

 (39916)

働きの異なる2種類の乳酸菌と、活きている酵素を組み合わせた、菌活によるボディメイクを目的としたサプリメント。酵素と乳酸菌で善玉菌を増やし、カラダサイクルを活性化します。
 (39561)

夜遅いごはんでも W菌活ボディメイク
30回分 ¥2,678(税込み)
新谷酵素
TEL. 0120-51-4848(10:00~19:00 土日祝を除く)
https://www.shinyakoso.com/yoruoso/W-kinkatsu/
イラスト/ナシエ
(からだにいいこと2021年6月号より)