押すだけで肩・首・腰の疲れが飛ぶ !「1分手のひら整体」

公開日:2018.11.1

更新日:2019.11.1

押すだけで肩・首・腰の疲れが飛ぶ !「1分手のひら整体」

コリや痛みを感じやすい肩・首・腰は、“お疲れゾーン”の代表。いつでもどこでも簡単にできる「手のひら整体」なら、コリや痛みを即効で解消! ピンポイントで疲れを癒します。習慣にすると疲れが溜まらない体に変わるので、ぜひ始めてみて!

この記事の監修

熊谷 剛さん

疲労回復協会会長。独自に開発した治療テクニックで重度の腰痛や肩コリ患者を改善。著書に『1回たった30秒!手のひらを押すだけで痛みが消える!』(現代書林 ¥1,404)。

体と対応する「反射区」を押すだけで疲れが飛ぶ!

手のひらには、体の部位と対応する反射区があります。「手のひら整体」独自の反射区は15カ所。
どの反射区も骨と骨の間にあって、骨に沿ってまっすぐのライン状。
押すラインが簡単なので覚えやすく、セルフケアにぴったりなのです。

体の部位と対応する反射区

 (815)

「手のひら整体」は、この体と対応する反射区のラインを押すだけ。
例えば、肩の疲れには「肩関節」と「ひじ」のラインを刺激して。
すると体のゆがみが整い、関節や筋肉が動きやすくなり、疲れが和らぎます。
即効性があり、効果を実感しやすいのが特長です。

ながらでOK!「1分手のひら整体」基本のやり方

テレビを観ながら、お風呂に入りながら、「こったな~」「痛いな~」と思ったその時その場で押すだけ。いつでも簡単にできます。

親指で押しながら反射区ラインを滑らせる

ラクにしたい部位の反射区に親指を当て、ラインに沿って押しながら滑らせます。
親指は動かさず、反対の手を引いたり押し出したりすると、一定の力で刺激できます。
「イタ気持ちいい」くらいを目安に押して。

手のひら側を押すときは… 反対の手を体側に引く

 (816)

押し当てた親指は動かさず、反対の手(写真では左手)を体に寄せるように手前に引く。

手の側面を押すときは… 反対の手を体側から離す

 (817)

押し当てた親指は動かさず、反対の手(写真では左手)を体から離すように押し出す。

押す前と後で変化をチェック!

効果を測るためにも、押す前に上体を倒したり腕や首を回して、体の動きや痛み、左右差をチェック。押した後にもう一度同じ動きをして、即効性を実感してみて。

肩コリ、四十肩・五十肩に

肩コリや四十肩・五十肩には「肩関節」と「ひじ」ライン。
押す前と後に、腕を前から後ろに回し、動きや痛みのチェックを。
 (9937)

 (9938)

1.肩関節ラインを押す

 (820)

手首の親指側にある出っ張った骨、舟状骨(せんじょうこつ)から、3秒かけて滑らせ5回行う。左手も同様に。

2.ひじラインを押す

 (821)

親指の下の膨らんだ部分、拇指球(ぼしきゅう)の真ん中にある「ひじ」ライン。短いのでグッグッと優しく押すように右手を5回。左手も同様に。

首のコリや痛みに

首のコリや痛みは、背中の張りも原因。「首」と「背中上部」ラインで疲れ緩和を。
押す前に首を左右にひねり、痛みや違和感を確認。
 (9935)

 (9940)

1. 首ラインを押す

 (824)

人差し指の骨に沿った親指側が「首」ライン。右手から、3秒かけて押しながら滑らせ、5回行う。左手も同様に。

2. 背中上部ラインを押す

 (825)

薬指と小指の骨の間にあるのが「背中上部」ライン。同じく右手から、5回押しながら滑らせ、左手も同様に。

腰の痛みとだるさ、便秘にも

腰痛や便秘には「骨盤・股関節」「腰」ラインを押して整体。
効果チェックは、両足を肩幅に開き、前屈と腰反らしで。
 (9936)

 (9939)

1. 骨盤・股関節ラインを押す

 (827)

親指にある「骨盤・股関節」ライン。右手から、3秒かけて親指のつけ根から指先に向かって押しながら滑らせる。左手も同様に。

2. 腰ラインを押す

人差し指と中指の骨の間にあるのが「腰」ライン。同じく右手から、5回押しながら滑らせ、左手も同様に。

 (828)

手のひらと同様に足裏にも反射区はありますが、足は体重がかかるため皮膚が硬く、刺激が伝わりづらい難点が。
その点、柔らかい手のひらは、プロじゃなくても効き目大。今すぐ、試してみて!
撮影/土肥裕司 モデル/佐藤愛子 イラスト/シュクヤフミコ
(からだにいいこと2017年2月号より)