SHARP「ヘルシオ グリエ」新製品発表会レポート!

公開日:2019.11.7

更新日:2019.11.7

SHARP「ヘルシオ グリエ」新製品発表会レポート!

シャープから、ウォーターオーブン専用機「ヘルシオ グリエ」が11月28日に新発売されます。それに先がけて都内で行われたプレス向けの発表会に行ってきました。"水のチカラ"でまるで窯出しのようにパンがおいしく焼けるという、驚きの機能をレポートします。

"加熱水蒸気"で、ベーカリーの"焼き立て"を家庭で味わえるトースター!

ここ数年、中までふわふわで、"焼き立て"のおいしさをそのまま楽しめる「高級生食パン」がブームで、高級食パン店の店頭には長蛇の列ができることも。そんな、多くの人が求める"焼き立て"を、家庭で味わえるトースター「ヘルシオ グリエ」が誕生しました。パンに含まれる水分量は、窯から出した後、どんどん減っていくため、"焼き立て"の風味と食感は、時間が経つと失われていきます。そこで、パンの水分量に着目したのが「ヘルシオ グリエ」。"加熱水蒸気"のチカラ、つまり「水で焼く」ことを実現したのです。

窯出しパンのおいしさを復元する「ふわふわモード」

"加熱水蒸気"とは、100℃で気化した飽和水蒸気をさらに過熱した、無色透明の気体で、非常に高い熱量を持つもの。この"加熱水蒸気"がパンを包みこみ、内部までしっかりと水分を与えながら焼き上げるのが「ヘルシオ グリエ」です。ひとつめの特長は、新機能の「ふわふわモード」。たっぷりの"加熱水蒸気"と、低温でじっくり加熱することで、焼き目をつけず、窯から出したばかりのようなふわふわ感を再現。丸ごと買って冷凍したパンも、日にちが経った常温のパンも、驚くほどおいしくなるのだそう。
 (16954)

電子レンジによる加熱では、生食パンの水分量は減ってしまいますが、「ヘルシオ グリエ」は、水分が多く、"焼き立て"のようにふわふわに焼きあがる、という違いが!
 (17059)

冷凍の生食パンを使って実演。トースターに入れると、すぐに"加熱水蒸気"で、窓ガラスが曇ってきました。「弱モード」で7分加熱後、焼き目がつかないのがちょっと不思議でしたが、試食してみると、冷凍パンとは思えないふわふわ感とおいしさにビックリ!

中はもっちり&外はこんがり焼き上げる「トーストモード」

「ヘルシオ グリエ」の2つ目の特長は、極上の"焼き立て"を実現する「トーストモード」。内部に水分を与えながら高温で焼き上げることで、中はもっちり、外はこんがり&カリっとした食感に。こちらも、"加熱水蒸気"で水分を保持することがおいしさの秘密なんだとか。
 (17060)

常温のパンで実演。「トーストモード」で3分30秒加熱すると、こんがり焼き上がります。試食すると、もっちりしていて、耳までおいしい!

トーストの隣で、卵やベーコンも同時に調理OK!

「ヘルシオ グリエ」には、もう一つ特長が。"加熱水蒸気"によって、目玉焼きやベーコンなども、トーストの隣で同時に調理できるのです。慌ただしい朝食時に時短調理はうれしい!さらに、揚げ物などのお惣菜も、"加熱水蒸気"が余分な油を落としながらヘルシーに、サックリとあたたまります。
 (16955)

一般的なトースターだと、卵に火が通る頃にはトーストは焦げてしまったり、逆にトーストがほどよい焼き上がりだと卵は半熟だったりしますが、「ヘルシオ グリエ」なら、"加熱水蒸気"によって、トーストと目玉焼きが同時に焼き上がります。
 (16956)

最後の試食メニューは、サクッと焼かれた食パンの上にとろーり卵がとろける「卵トースト」("強"モードで9分加熱)と、中はふんわり、外はサクッとバターの香りが広がる「クロワッサン」("中"モードで4分30秒加熱)。どちらもとてもおいしかったです!

画期的な新商品の詳細はWEBをチェック!

優れた機能はもちろんのこと、フォルムの美しさや、お手入れの簡単さなど、多くの点でユーザーの心をつかむであろう「ヘルシオ グリエ」。詳しくはシャープHPをぜひチェックしてください。

今回の試食用のパンは、人気のパン屋さんから!

 (16959)

今回の試食会に食パンを提供されたのは、こちらの2つの人気のパン屋さん!