ひどい肩こりがラクになる「かかとユラユラ」

公開日:2018.11.6

更新日:2018.11.6

ひどい肩こりがラクになる「かかとユラユラ」

もんでも温めても、すぐ痛みが出てくる肩コリは悩みの種。その原因は、肩から離れた足のかかとの骨のズレかもしれません。
「かかとユラユラ」でかかとの位置を矯正し、肩コリを元から解消しましょう。

かかとのズレが、治らない肩コリを招く!

かかとは漢字で、足に重い(=踵)と書きます。骨や筋肉など体のすべてを常に支える重要な部位。まさに体の土台です。その土台にズレが生じることで、体は悲鳴を上げるのです。

かかとの骨の「踵骨」は、丸い形をしています。歩き方のクセや歪みなどがあると、踵骨は外側に倒れるようにズレます。
 (831)

 (832)

体の土台が崩れるのと同じなので、O脚気味になり、骨盤は後傾。背骨は猫背になり肩コリをはじめ、首コリ、腰痛、疲れなど全身の不調を引き起こします。

まずはかかとのズレをチェック

加齢と共に、かかとの骨はズレやすくなります。以下のチェックで1つでも当てはまるものがあれば、あなたの肩コリは、かかとに原因が! 今日から「かかとユラユラ」でセルフメンテを行いましょう。

□かかとで3秒立てない
 (758)

3秒以内にフラつく人は、かかとの骨が外側にねじれている証拠
□かかとと太ももをくっつけて座るとつらい
 (761)

□靴のかかとの部分の減り方に左右差がある

1分でOK!肩コリに効く「かかとユラユラ」

かかと矯正テク「かかとユラユラ」は、1日1回たったの1分でOK。座りながら行います。

1. 座ってかかとの内側に力を入れる

イスに浅く座り、ひざの真下にかかとがくるようにする。かかとの内側にグッと力を入れ、「前ならえ」をして骨盤を立たせ、正しい姿勢に。
 (1819)

2. ひざを伸ばして、つま先を上下に揺らす

手を下ろし、右ひざを伸ばす(痛い人はできるところまで)。かかとの内側を床につけて、つま先を上下に1㎝程度、軽く10回揺らす。足を入れ替え同様に。左右3セットずつくり返す。
 (1820)

普段から「かかと」を意識して肩スッキリ

立っているときや座っているときは、グッとかかとの内側に力を入れてみて。かかとと骨盤や背骨が連動。これだけで姿勢がピンッと整い、肩コリが軽減します。
 (1821)

現代人は外側重心で、かかとの骨が外側に倒れている人が多いとか。1分で矯正できる「かかとユラユラ」で肩コリとさよならしましょう!

この記事の監修

中村 守さん

山形県河北町にある「よくなる整体院」院長。地域のみならず、遠方から訪れる患者も多数。著書に『かかと力』(自由国民社 ¥1,404)他。

撮影/福島章公 モデル/大橋規子 イラスト/沼田光太郎  
(からだにいいこと2017年6月号より)