便秘・ガス張りスルッと解消!「腸出口マッサージ」

公開日:2019.8.14

更新日:2019.8.14

便秘・ガス張りスルッと解消!「腸出口マッサージ」

便秘やガス張り対策にセルフマッサージをしているあなた、定番の「大腸の入り口である右下腹からスタートして、左下腹の出口に進む」方法でやっていませんか? 実は、この逆回り、つまり出口からの刺激の方が効くのです。逆マッサージで、便やガスの詰まりをスルッと解消しましょう!

便秘の腸は “渋滞中の高速道路”

便秘している腸には、高速道路の渋滞をイメージしてみて。途中の車の流れがどんなにスムーズになっても、最終出口が詰まっていたら渋滞は解消しません。腸も同じ、たまった便やガスは、出口付近から少しずつ出口へ向かって流すことで、スムーズに排出が促せます。
そこで腸を8分割して、各ポイントを順にさすっていく「腸出口マッサージ」を。毎日の習慣にすると、詰まり知らずで快便な「美腸」に変わります!
 (11538)

腸の入口付近から刺激して、たまった便やガスが出口へ向かって流れ出しても、その先がまだ詰まっていてはノロノロとしか進めません。
 (11539)

腸の出口付近から順番に刺激していけば、流れ出した便やガスは障害物にさえぎられることなく、スムーズに出口まで運ばれ排出されます。

便秘知らずになる「腸出口マッサージ」のやり方

マッサージのポイントは8つ。強めポイントと弱めポイントを意識して。
 (11540)

「腸出口マッサージ」の手順

 (11541)

マッサージポイントの図の❶の上に、片手の親指以外の指をそろえて当て、もう片方の手を重ねる。
矢印の方向へ3回、お腹に圧をかけながらさする。続けて2~❽の順に同様に行う。
便やガスがたまりやすい、❶、❹、❽は強めにさすると効果的。これを2周行う。
 (11543)

仕上げに腸の流れに沿ってマッサージ。
❽の上に片手の親指以外の指をそろえて当て、もう片方の手を重ねたら、
お腹に圧をかけながら❶に向かって一気にさする。これを2周行う。

腸出口マッサージ 3つのポイント

1. マッサージはトイレに行く直前か就寝前に

腸出口マッサージは即効性があり、行ったら5~10分後に便意を催すことも多々。そのため、トイレに行く直前に行うことがおすすめ。また、就寝前に行えば翌朝は快便になる効果も。

2. 詰まりやすいところや硬いところは強めに

腸の中でも入口、出口、お腹の左側上部は、特に便やガスが詰まりやすい部分。また、触ると硬いところも詰まっている部分。これらは特に強くさすったり、回数を増やすのがおすすめ。

3. リラックスして腸を活性化させる

リラックスして副交感神経が優位になると、腸の動きが活発になり、より排出がスムーズに。座って体を左右に細かく揺らすと心が落ち着くと同時に、腸にも刺激が加わって効果的です。

さらにスルッと出る! 前と後に+テク

+1 マッサージ前に「肛門キュッパッ」

 (11544)

【肛門を開け閉めしてこわばりをほぐす】
肛門の筋肉がこわばっていると、排便が妨げられます。マッサージ前に肛門に意識を集中し、キュッ、パッ、とリズミカルに開閉。しっかりほぐしておきましょう。

+2 マッサージ後に「サイドつまみ」

 (11545)

【お腹の横をつまんでさらに流れよく!】
仕上げに、流れが滞りがちな腸のサイドラインを刺激。お腹の両側を親指とその他の指で挟み、指の位置をすこしずつずらしながら、ろっ骨と腰骨の間をまんべんなくつまんで。
お腹がガスで張って触ると痛いときは、はじめから強く刺激しないで、手のひらで軽く刺激することから始めてくださいね!

この記事の監修

余慶(よけい)尚美さん

美巡家、毛髪診断士、美容コンサルタント。ココロとカラダの「巡り」をテーマに、様々なケア法やライフスタイルの在り方を提案。著書に「美巡ブラシエステ」(中央公論新社¥1,944)など。
イラスト/しおたまこ
(からだにいいこと2014年11月号より)