見た目が若い人は女性ホルモンが多いってホント?

公開日:2018.11.1

更新日:2018.11.1

見た目が若い人は女性ホルモンが多いってホント?

同じ年齢の女性でも、若々しく元気な人と疲れて老けて見える人がいます。その違いはなんでしょうか? 

女性ホルモンの減少スピードには個人差がある

そのカギを握るのは女性ホルモンです。女性ホルモン(エストロゲン)は20代半ばから30代前半をピークに分泌され、40代に入ると急速に減少していきます。
加齢はだれにでも平等に訪れますが、女性ホルモンが減少するスピードには個人差があります。老化の原因の約20%が遺伝的因子、残り80%は環境的因子と関係しています。つまり、女性ホルモンは生活習慣を変えることで、減少するスピードを減らすことができるのです。

ティースプーン1杯の女性ホルモンが減っていく

女性ホルモンは卵巣から分泌されるホルモンで、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。特に、女性らしさに関わるのはエストロゲンで、丸みを帯びた体を作ったり、肌や髪の潤いを守ったりします。また、健康を支え、脳や自律神経にも働きかけるため、美だけでなく女性の体や心に大きく影響します。

一生のうちで分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の量は、正確にはわかっていません。一般に人間の一生のうちにティースプーン1杯ほどしか分泌されないといわれています。閉経時には、ティースプーン1/10にまで減少します。
 (580)

加齢以外にも女性ホルモンが減る原因がある

加齢に伴い女性ホルモンの分泌量が減少することで、様々な不調が出始めます。肩こり、疲労感、生理痛、不眠、動悸、頭痛、うつ症状などが現れる人もいます。また、髪の乾燥や抜け毛、肌トラブルなどで見た目にも影響が出てきます。
女性ホルモンの減少は、加齢以外にも食事や睡眠、運動などの毎日の生活習慣が大きな影響を与えます。特にストレスは女性ホルモンの働きを乱し、分泌量を減少させます。
 (583)

女性ホルモンにいい生活は、見た目を若返らせる

見た目年齢は肌年齢ともいえます。特に、肌のたるみの原因はエストロゲンの分泌量の低下による影響が大。肌のたるみの少ない人は女性ホルモンの減少スピードが遅く、量も多いかもしれません。同じ年齢でも元気でハツラツとして若く見える女性は、食事に気をつけ、適度な運動をして熟睡し、何よりストレスをためない生活を送っているのかもしれません。

30~40代以降の女性の疲れやすさや肩こりなどの不調は、女性ホルモンの減少が関係していることが多いもの。生活を見直して整えることから始めると、不調が解消し、見た目も若返りそうですね。

この記事の監修

太田博明さん

山王メディカルセンター 女性医療センター長。国際医療福祉大学教授。女性医療の分野で、日本をリードしている第一人者。『「見た目」が若くなる女性のカラダの医学』(さくら舎 ¥1,512)など著書多数。

イラスト/モリナオミ
(からだにいいこと2018年6月号より)