足のニオイは木酢液や竹酢液で

公開日:2019.9.12

更新日:2019.9.12

足のニオイは木酢液や竹酢液で

あなたの毎日を今よりちょっと健康に!からだにいいこと編集部が季節の「プチ健康事典」をお届けします。

Fashion Woman Shoe - Free photo on Pixabay (12630)

足のニオイが気になる方は多いと思います。

ニオイの原因は、足の古い皮膚や、汗とともに出てきたタンパク質に雑菌がつき、高温多湿の中で大量に繁殖するためです。

ニオイ対策商品として、消臭スプレーや、抗菌靴下・靴の中敷きなど多くの商品が販売されていますが、天然素材の木酢液や竹酢液を使ってみるのはいかがでしょうか。

木酢液や竹酢液とは、木や竹を焼いて炭を作るときに出る煙を集めて液化したもので、消毒・除菌などに優れています。それをお湯で薄めて、入浴時やお出かけの前後に足浴してみてください。または、100円ショップなどのスプレーの中に薄めた液を入れて吹きかけて、しっかりもんで浸透させるのもいいようです。
いずれにしても、その後はしっかり乾燥させてくださいね。

また、かかとなどの古い角質は、足が蒸れた状態のときに脱落して細菌のエサになりますので、古い角質をとっておくことも、ニオイを防ぐためには重要です。
気になる方はやってみてくださいね。