「お股キュッ」で尿モレ・性感改善! 骨盤底筋を強化する 

公開日:2019.5.17

更新日:2019.5.17

「お股キュッ」で尿モレ・性感改善! 骨盤底筋を強化する 

骨盤底筋は尿モレ予防や性感度を左右する、女性の“幸せ筋”。産婦人科美女医でプロボクサーでもある髙橋玲奈さんが、幸せになるための「骨盤底筋」の鍛え方を伝授。今あるお悩みにも予防にも効くカンタンエクサ、ながらでも、いつでもどこでもできますよ!

老いも若きも関係ない!生活の質は骨盤底筋しだい!?

「加齢や出産、運動不足などで骨盤底筋がゆるみ、人知れず尿モレに悩む女性は多いもの」と髙橋さん。骨盤底筋は“ながら”でも鍛えることができる筋肉。「『お股キュッ』をすることで尿モレの改善や予防はもちろん、膣を締めたり緩めたりするコントロール力がつきます。性感度もアップして、女性に幸せをもたらす筋肉です」。
 (7547)

骨盤底筋とは、骨盤の底にある筋肉の集まり。尿道・膣・肛門を締める役割があります。骨盤内にある子宮や膀胱、直腸などを支える働きも。

『お股キュッ』3つの効果で、生活の質を上げる!

やれば確実に効果が出るのが骨盤底筋トレーニング。
『お股キュッ』を毎日続けることで、生活の質を下げる様々なトラブルを未然に防いだり、症状の進行を食い止められます。

●骨盤臓器脱の予防

子宮や膀胱が膣からはみ出す「骨盤臓器脱」は、加齢によってリスクが上がります。臓器を支える骨盤底筋を鍛えて予防を。

●尿モレの改善・予防

尿道を締めたり緩めたりする筋肉が鍛えられると、排尿のコントロール力がアップ! 将来の尿モレ予防にも。

●性感度アップ

膣を締める力が上がる他、コントロールも自在にできるように。自分で気持ちいいと思う場所がわかって性感度もアップ。

『お股キュッ』のやり方

基本:肛門→膣→尿道の順番に、10秒締め、30秒ゆるめる

 (7558)

肛門、膣、尿道は異なる筋肉が動かしています。
それぞれの筋肉を順番に締めます。呼吸は止めずに10秒締めたら、30秒くらいかけて少しずつ力をゆるめます。

【Lesson1】締めてゆるめる感覚をつかむ

骨盤底筋を意識して、動かすイメージを持つことが大切。筋肉をゆるめることも大切なのでリラックスした環境で。ペットボトルを使うと絞めて緩める感覚をイメージしやすくなります。
 (7562)

柔らかいペットボトルを股に挟み、バリバリと音がするまで締めて。音がすると骨盤底筋を膣の中に吸い上げる感覚をつかめます。

【Lesson2】いつでも『お股キュッ』

骨盤底筋はどんな姿勢でもこっそりトレーニングが可能。Lesson1で感覚を掴んだら、日常生活の中で行って。
 (7565)

予防なら、お股をキュッと絞めて緩めるのを気づいたときにやるくらいでも十分と、高橋さん。一瞬でできるのでやってみて!

この記事の監修

髙橋伶奈(れな)さん

産婦人科医。東邦大学医療センター大橋病院在籍。世界初の女医プロボクサーとしても活躍。ダイエットや食事療法、運動療法のアドバイスも行う。女医+(じょいぷらす)所属。
撮影/福島章公 モデル/殿柿佳奈
イラスト/石村ともこ
(からだにいいこと2019年5月号より)