夏の感染症、水虫

公開日:2019.8.13

更新日:2019.8.13

夏の感染症、水虫

あなたの毎日を今よりちょっと健康に!からだにいいこと編集部が季節の「プチ健康事典」をお届けします。

Feet Toes - Free photo on Pixabay (11613)

夏は湿気があるうえに、素足になる機会も増える時期。特に、プールや海水浴などで水虫菌(白癬菌)に感染する人が多いようです。

足の裏や指のつけ根がかゆい、小さな水疱ができている、カサカサして皮膚がはがれてくるなどの症状があったら水虫かも。

水虫菌が爪に入り込んで起こる爪水虫は、女性に増えているとか。ネイルを取ったら爪が変色している…ときは要注意。

ただし、水虫以外の皮膚病のこともあるので、気になる方は皮膚科で検査してもらいましょう。日ごろから、足を清潔に保ち、湿気がたまらないように心がけましょうね。