「食物繊維+たんぱく質+糖質」ルールで、おいしく糖質対策を!

公開日:2020.3.4

更新日:2020.3.4

「食物繊維+たんぱく質+糖質」ルールで、おいしく糖質対策を!

サントリーの緑茶「伊右衛門」に、新しい働きをプラスした「伊右衛門プラス おいしい糖質対策(機能性表示食品)」が仲間入り。糖質の吸収を抑える緑茶として、3月17日から全国で新発売されます。発売を記念して行われた「おいしい糖質対策メニュー」の発表会をレポート! 無理なく習慣にできる、糖質ケアを学んできました。

手軽に糖質対策ができる、機能性表示の緑茶

サントリーから3月17日に新発売される「伊右衛門プラス おいしい糖質対策(機能性表示食品)」。ボトルにも「糖質の吸収を抑える」と大きく書かれていて、いつも飲んでいる緑茶より、何やらとっても体に良さそうです!
 (22028)

この新しい緑茶は、「食事から摂取した糖質の吸収を抑える」働きがあることが報告されている、食物繊維の「難消化性デキストリン」を含み、気軽に糖質対策ができる新商品。味わい深い「伊右衛門」のお茶に、さらに健康にいいスペシャルな機能性を持たせた緑茶なのです!

「糖質の摂りすぎは良くない」と分かっていても、炭水化物や甘いものをセーブするのってなかなか難しいですよね…。「今日は頭を使いすぎたから」なんて自分に言い訳をしながら、甘いものをパクッと口に入れてしまう日はありませんか? からだにいいこと読者の中にも、「糖質オフダイエットをしたけれど続かなかった」「食べるのを我慢できなくて結局リバウンドした」という声も多く、“継続すること”がなかなか難しいようです。

そんな悩みにうれしいのがこの緑茶。毎日飲むお茶で、手軽に糖質ケアができます。

管理栄養士おすすめ! おいしい糖質対策 3つのSTEP

今回参加した「おいしい糖質対策メニュー」の発表会は、東京・渋谷ヒカリエの7階にある「伊右衛門サロン」で行われ、管理栄養士の篠原絵里佳先生が、おいしく、誰でも続けられる糖質対策を教えてくれました。ご紹介する3つのSTEPを覚えておけば、健康になれるだけでなく、美容やダイエットにも役立ちますよ。
 (22032)

【STEP 1】食物繊維5分前ルール

糖質対策に大切なのは、食べ始め。篠原先生のおすすめは「食物繊維5分前ルール」。サラダや海藻類などの食物繊維(副菜)を最初に食べると…
・このあと食べる糖質の胃から腸への流入がゆっくりになる
・腸からの糖の吸収が穏やかになる
その結果…
血糖値の上昇を穏やかにすることができます。食物繊維を摂取して5分以上経過することで効果が得られると言われているそうです。

ですが、忙しい現代人にとって、ランチの時間は貴重。5分以上待てない、今日のランチは食物繊維が少ない、といったときは、「伊右衛門プラス」のような食物繊維入り飲料を飲んでもOK。

コンビニで買って、オフィスに戻るまでの間に飲む、ランチタイムの前に午前中から飲んでおくなどすれば、血糖値の急上昇をセーブできます。
 (22037)

この日は、伊右衛門サロンで食べられる「おいしい糖質対策」春御膳を試食。まずは食物繊維たっぷりのおばんざいと、「伊右衛門プラス」をゆっくりいただきます。ふだんのランチも、このように食物繊維の多い副菜から食べるようにしましょう。

【STEP 2】たんぱく質ファースト

次に食べるべきは、たんぱく質。肉や魚、豆腐、卵などを使った主菜のことです。“ファースト”は、たんぱく質を先に食べるという意味ではなく“優先して摂取する”という意味。

時間がないランチタイムは、丼ものや麺類など、糖質にかたよった一品ものになりがちですが、こうしたたんぱく質をしっかり摂ることは、健康な体や肌を作るうえで欠かせません。

たんぱく質が必要な理由は…
・糖質、たんぱく質、脂質などのエネルギーバランスが整うと、糖質の過剰摂取を回避でき、燃焼効率が上がる
・たんぱく質が豊富な食品は、糖質を燃やすビタミンやミネラルも実はたっぷり
・たんぱく質が体の代謝に必要な酵素を作ってくれる
といったいいことがあります。

現代人はたんぱく質が不足気味。「どこかの1食で補えばいいや」と思わず、糖質対策のためにも、3食いずれもたんぱく質を意識しましょう。
 (22043)

おばんざいのあとは、「塩こうじ豚と春野菜のせいろ蒸し」を試食。豚肉だけでなく、厚揚げもプラスされ、たんぱく質をしっかりチャージできるメイン料理。豚肉のビタミンB1は、糖質の燃焼にも効果的だそうです。

【STEP 3】糖質も適量は必要

最後は炭水化物や麺、パンなどの糖質を。たんぱく質(主食)を途中まで食べたあと、残りとごはんを一緒に食べでもOKです。

糖質は、人が活動するためのエネルギーとして必要な栄養素。だからこそ、極端な糖質制限は、他の栄養素の働きに悪影響を及ぼします。中でもたんぱく質は、「体を作る」「体の機能を調整する」などといった本来の働きが後回しになり、エネルギーとして働かないといけなくなります。

また、糖質の減らし過ぎは…
・太りやすくなる
・体脂肪が増える
・肌荒れ、シワ、たるみに影響
・筋肉量の低下
などといったリスクも。

糖質は、食べ過ぎない程度に適量摂ることを心がけましょう。
 (22049)

「おいしい糖質対策」春御膳では、もち麦入りこんにゃく米をいただきました。この春御膳は、渋谷ヒカリエの7F・伊右衛門サロンで食べられます。たくさんのおばんざいを作るのは難しくても、自宅でもこのような定食を見本に、マネしてみたいですね。

コンビニ食でも糖質対策はできる

お昼はコンビニで買うという人でも、基本のSTEP通りに選べば、糖質対策ができます。
 (22053)

例えば、「おにぎり2個+ゆで卵+豆腐サラダ+もずく酢」の組み合わせ。もずく酢や豆腐サラダの海藻類で食物繊維を、ゆで卵や豆腐でたんぱく質を、おにぎりで糖質を摂れば、「糖質対策定食」ができあがり。

さらに「伊右衛門プラス」などの食物繊維入りドリンクをプラスすれば、血糖値の急上昇を抑えることができます。

おいしく糖質対策するには、「食前に食物繊維」、「たんぱく質ファースト(優先)」「適量の糖質」を、覚えておきましょう。自分の食事に気をつけるだけでなく、外食の多い家族や友人など、いつまでも健康でいて欲しい人にも、ぜひこのルールを教えてあげてくださいね。
■【3月17日発売】サントリー 伊右衛門プラス おいしい糖質対策(機能性食品)
ペットボトル500ml/150円(税別)

サントリーお客様センター
フリーダイヤル 0120-139-320

「伊右衛門プラス おいしい糖質対策」ホームページ
http://suntory.jp/iplus/

■伊右衛門サロン 渋谷ヒカリエ店
渋谷ヒカリエ7F
東京都渋谷区渋谷2-21-1
電話 03-6803-8281(受付時間11:00~23:30)※日曜のみ23:00まで
http://www.cafecompany.co.jp/brands/iyemonsalon/shibuya-hikarie/

【伊右衛門サロン「おいしい糖質対策」春御膳】1,850円(税抜き)
提供期間/~3月29日(日)11:00-15:00 (14:30L.O)まで
 (22056)