からこと読者がおすすめ!「私の冷え対策術」大公開

公開日:2019.12.4

更新日:2019.12.6

からこと読者がおすすめ!「私の冷え対策術」大公開

深刻度は人それぞれながら、多くの女性を悩ませる「冷え」。からこと読者はいったいどんな冷え対策をしているのでしょう? アンケートから見えてきたワザの一部をご紹介します!

簡単で続けられる工夫やこだわりに注目

日ごとに寒さが厳しくなる季節、「冷え」が気になりませんか? からこと読者に聞いてみた結果、下のグラフの通り約6割が、「冷え」の悩みアリ!
 (18506)

そのほとんどが何かしらの対策をしているとのこと。その方法についても、たくさんの回答が寄せられました。
今回はその中から、「食べ物や飲み物」「身に着けるもの」「体を動かすこと」での対策術を紹介します。

食べ物や飲み物で対策

 (18527)

 (18526)

生姜を使った、料理(麺などに生姜を入れる)や飲み物(生姜湯)などを1日に1回はとるようにしています。いろいろな食材を試しましたが、生姜が一番、体があたたかくなり、美味しく取り入れられるので続けています。
 (18677)

食べたい物=身体が欲している物、だと思います。元々冷え性で冷たい物を欲することが無いので、冷たい物はなるべくとらないようにしています。以前、食べないダイエットをしているときは常に寒かったので、今は食べたいだけ食べる!そして動く! を実践。冷え防止にも役立っています。また、腹式呼吸をするだけでも温まります。
 (18517)

定番ですが、朝起きてすぐに白湯を飲みます。そして、とっても効くと感じているのがオーダーメイドの漢方! 飲み始めて半年ほどになりますが、効果にただただ驚くばかりです。冷えだけでなく花粉症などのアレルギー性の症状、むくみも改善できました。

身に着けるもので対策

 (18528)

 (18529)

一年を通して素足でいることはほとんどなく、靴下を履いたり、お風呂上がりから就寝中はレッグウォーマーを使っています。足首が冷えると寝ている時に足がつるので特に気をつけています。
 (18512)

湯たんぽを、動脈が近くを走っている腿の付け根や大腿部、腰、腹に当てます。すると血液が温められて全身を回るようで、ポカポカしてきます。家に一人でいるときなど、暖房を使いたくないときは必須です。
 (18513)

おへその下にカイロを貼ったり、おへそから指3本分下に、シール状のお灸を貼ったりします。ナプキンのように付けるタイプの携帯型よもぎ蒸しも、生理前の不安定な体温のときに使うと、とても体が温まります。

体を動かすことで対策

 (18531)

 (18540)

お風呂上がりに足裏をゴルフボールでゴロゴロして、足裏のツボを刺激してから眠るようにしています。その後に足首にウォーマーをつけると、手足の冷えを感じるときでも、寝つきが良いと思います。
 (18530)

ふくらはぎ、ひざの周り、太ももなど、気になる部分をマッサージしたりもみほぐします。起き抜けや寝る前に行うことが多いです。足先まで温かくなる気がします。時間がないときは足裏を刺激するボツボツ系の器具をフミフミして気合いを入れます。

冷え対策に オススメのアイテム

 (18533)

遠赤外線効果が高いαオーラ® 繊維で作られた腹巻。薄手なのにじんわりと体の深部まであたたまり心地よい肌触りで一年中使えます。バリエーションは全4色、3サイズ。
各¥4,950 /メカニカルプラネット TEL:0532-39-5753
 (18534)

水なしでも食べられる、ゆず風味のおいしいサプリメント。いつでもどこでも気軽にポリフェノールを補給できます。1粒に糖転移ヘスペリジンを 250mg 含有。
30粒/¥2,000  林原 TEL:0120-05-8848
 (18535)

湿気を吸着することで発熱する「吸湿発熱」素材「ブレスサーモ®」を採用したショルダ ーケット。サッと肩に羽織ったり、就寝時は寒い肩口をカバーできる2way仕様です。
ベージュ、グレー 各¥5,500(11月初旬発売)/西川 0120-36-8161
 (18536)

保温効果のあるオレンジと、発汗と老廃物の排出を促すリンデンバウムの効果で、体を芯からしっかり温める入浴剤。湯冷めしにくいので、寝る前までポカポカが持続。
850g /¥2,640 クナイプ TEL:0120-428-030
 (18532)

本格的な冬に備え、ぜひあなたに合った「冷え対策」を見つけてくださいね。
下の記事もご参考に!
撮影/金田邦男 イラスト/ macco 
(からだにいいこと2019年12月号より)