“シックハウス”意識してる?目に見えない空気について

公開日:2020.5.29

更新日:2020.7.13

“シックハウス”意識してる?目に見えない空気について

社会起業家ジョン・ムーアさんの“笑顔になれる暮らしのヒント”をご紹介します。
私たちは1日に約20㎏ の空気を摂取しています。しかし、それを意識することはほとんどありません。空気中には様々な物質があり、健康にも影響を及ぼしているのです。

 (25732)

この記事の監修:ジョン・ムーアさん

 (25734)

社会起業家、オーガビッツアンバサダー。英国公認教師、オーガニックフード・ガーデニング教師。英国シェフィールド大学卒業後、教師を経て、電通に入社。その後、パタゴニア日本支社長などを歴任。現在は一般社団法人シーズ オブ ライフ代表理事として活動中。

すべての空気はつながっている!

今、呼吸している空気は誰のものでしょう? 空気は私たちの生活の中で最もシェアされている「コモンズ=共有資源」です。あなたが呼吸した空気は、また周りの人が呼吸し、さらには環境内にある、バクテリア、排気ガス、ニンニクの匂い、幸せ、怒りなど、様々なものが混じり合って、共有されています。そう、この空気の中には、目に見えないものがたくさん存在しているのです。

私たちは1日に約20㎏ もの空気を摂取しているといいます。これは、1日に体内に取り込まれる物質のうち約70%を占めることを意味します。特に、多くの時間を過ごす室内の空気は、私たちに大きな影響を及ぼしています。家の中だから安全? 本当にそうでしょうか。 

シックハウス症候群という言葉をご存じですか? 住宅建材から発生する化学物質などによって室内の空気が汚染され、体調不良を引き起こすことです。接着剤や防腐剤、塗料など、家を建てる際にはたくさんの化学物質が使われています。それが気化し、気密性の高い室内に充満することが原因と言われています。また、建材だけでなく、家具や芳香剤、洗剤など、様々な生活用品から化学物質は発生しています。こうした〝見えないもの〞と、私たちは知らず知らずに共存しているのです。

私の家は、120年ほど前に建てられた古民家で、木と土壁や和紙などの天然素材でできています。人間だけではなく、家も生きていて、呼吸をしています。そして、家の中にある食べ物も呼吸をしています。味噌をつくる部屋では、微生物たちが生きています。すべての空気はつながっているのです。

あなたの部屋にも〝生きているもの〞を選びましょう。漆喰の壁は家にきれいな空気をもたらしてくれます。植物は空気の浄化を手伝ってくれます。呼吸するたびに、その空気はどこから来て、どこへ還るのか考えてみましょう。目に見えないものが、目に見えるものをつくるのです。

見えない空気について

 (25738)

ジョンさんからの一言

 (25740)

ジョンさんがアンバサダーを務めるオーガビッツとは?

取材・文/坂田奈菜子
(からだにいいこと2019年11月号より)