子育ての秘訣は、抱きしめ合い笑い合うこと|蛯原友里さん 心にいい習慣(1)

公開日:2021.4.16

更新日:2021.4.16

子育ての秘訣は、抱きしめ合い笑い合うこと|蛯原友里さん 心にいい習慣(1)

雑誌『からだにいいこと』の表紙モデル・蛯原友里さんの輝く笑顔の秘訣とは? 日ごろから実践している“心にいい習慣”を紹介し、アラフォー世代にエールを送ります。

蛯原友里さん

 (38930)

1979年、宮崎県生まれ。2003年、ファッション誌『CanCam』の専属モデルとして活動を開始。“エビちゃん”の愛称で親しまれ、その人気は社会現象に。現在も『Marisol』(集英社)ほか、多くの雑誌や広告で活躍を続ける。私生活では一児の母。

何事も無理強いしない子育てを実践中

見る人を魅了する笑顔と健康的なプロポーションで、モデルとして輝き続ける蛯原友里さん。プライベートでは5歳の男の子のママとして、どのような子育てを心がけているのでしょうか?

「普段から大切にしていることは、今日はダメでも明日はきっとうまくいく! と長い目で見ること。例えば息子が習っているピアノも、自分から練習する日とそうでない日があるのですが、決して無理強いせずに息子自身の気分がのって弾き始めるのを待つようにしています。そのほうが、ピアノをずっと好きでいてくれると思うので」

「この先、どうやって弾けばいいんだっけ?ママわからないから教えてー!」と明るく声をかけて、息子が練習を始めやすい環境をつくる工夫などもしているそう。

やってほしいことがあるときも、押しつけるのではなく、時には待ったり「一緒にやろう」と誘導することが、お互いのストレスを溜めない秘訣だとか。
 (39642)

私が笑顔でいると、自然と息子も笑顔に!

「子は親をうつす鏡」と言いますが、自分の笑顔や言動が、息子からそのまま返ってくることを実感している蛯原さん。

「例えば、お腹が空いていたり、お風呂に入りたくないとごねたり、息子の機嫌がよくない時は、笑顔で追いかけながら『捕まえたー! 離さないぞー!』と言って抱きしめるんです(笑)。そうすると、息子も思わず笑ってしまいコロッと機嫌が直ることが。人の笑顔は連鎖するとよく言いますが、親子もまさにそうですよね」

5歳になった息子は、母親の言動をそのままマネして話すようなことも増えたと言います。

「だからこそ“ありがとう”はきちんと口に出して相手に伝えるなど、私自身が、より言葉や行動一つひとつを大切にするようになりました」
 (39641)

ストレスや疲れが一気に吹っ飛ぶ息子の言葉

息子からの優しい言葉で、日頃の疲れやストレスもなくなるという蛯原さん。最近のほっこりエピソードを教えてくれました。

「先日、仕事が続いて少し疲れていた日があって。いつもより早めに就寝させてもらおうとベッドに入ったんです。そうしたら息子がベッドサイドへ来て『今日はゆっくり休んでね。ママ、大好きだよ!』と私の頭を優しくなでてくれて。体は疲れていたのですが、その息子のひと言で心が一気に回復しました!」

広い心で息子を見守りながら、優しく自立をうながす蛯原さん。蛯原流 “心にいい育児”は、これからもたくさんの温かい思い出を紡ぎながら、続いていきます。

雑誌『からだにいいこと』2021年6月号で 蛯原さんの連載がスタート!

雑誌『からだにいいこと』 2021年6月号から、新連載「蛯原友里 これが私の選ぶ道」がスタート! 読者のお悩みに蛯原さんがずばりお答えします。雑誌での連載もあわせてお楽しみください。
撮影/黒沼諭(aosora) 取材・文/岩附永子 スタイリスト/竹村はま子 ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd)

ブラウス ¥15,800(ミディウミソリッド/マザーズ インダストリー トウキョウショールーム☎03-6804-1047)パンツ ¥34,000(ブラームス/ワンダリズム ☎03-6805-3086)サンダル ¥20,000、ピアス¥4,400(ともにTODAYFUL/LIFE's 代官山店☎03-6303-2679)※価格は税別