ローカーボ食で、会社員時代の不調を改善!

公開日:2021.1.15

更新日:2021.1.15

ローカーボ食で、会社員時代の不調を改善!

「糖質オフって気になるけど、どんないいことがあるの?」「やり方がわからない」ー そんな声にお応えして、糖質オフライフを発信する人気料理家さんの連載をスタート。第1回は簡単レシピが好評の、藤本なおよさんです。ふわっふわの生つくねレシピ動画もご紹介!

提供/サラヤ

藤本なおよさん

 (34603)

子どもの頃からの不調を糖質オフの食事で改善した経験から、ローカーボ料理研究家に転身。料理教室やレシピ開発等で活躍。著書に『世界一おいしいダイエット』(repicbook)。

アトピーに悩まされた幼少期。20代はうつ症状や不眠にも…

低糖質スイーツやおかずレシピを、SNSやYouTubeで紹介している藤本なおよさん。現在の元気いっぱいな姿からはイメージのつかない幼少期だったとか。
 (34605)

体が細く、病弱だった幼少期の藤本さん。
「子どもの頃は虚弱体質でアトピーやぜんそくにも悩まされていました。成長とともに落ち着きましたが、ストレスがあると症状が出たり。20代で会社員になってからは、1日12時間も仕事をして、食事はお菓子ですませるような生活に。すると眠りが浅くなり、体はいつもだるく、肌もボロボロ…。最後にはうつ病になってしまったんです」

心身ともに改善したいと思い、藤本さんがたどり着いたのが糖質制限食でした。

砂糖をラカントSに替えて、健康になった体を実感

生活をがらりと変え、砂糖断ちをしたという藤本さん。
 (34609)

糖質制限食に目覚めた、会社員時代の糖質オフ弁当。
「35度台だった体温が36度後半に。すると不調が減って疲れにくくなり、糖質を減らすだけでこんなにも健康になるんだ! と体感しました」

とはいえ、甘い物が好きなので、ずっと我慢するのは難しい…。

「そこで糖質制限にくわしい方たちに教えてもらったのが、ラカントSでした。以来、愛用しています」
会社員を続けながら情報発信をスタートした藤本さん。さらに糖質オフを広めたいと、料理研究家に転身しました。
 (34611)

スイーツも料理も、満足度の高い糖質制限食を叶えてくれる

料理教室などでラカントSを使ったスイーツを紹介すると、大喜びされるとか。

「“糖質制限は難しい” “甘いものは食べられない” と思っている方が多いんです」

「でも、ラカントSは砂糖と同じ分量で使えて手軽なうえ、クセがないので煮物などの料理でも大活躍。天然の甘味料という点でも、安心しておすすめできます」

「ラカントSについて質問をいただくことも多いのですが、私自身納得して使っているので、どんなことでも答えられますよ(笑)」

藤本なおよさんのラカントレシピ

ふわっふわ生つくね

おかずにもおつまみにもなる、ふわっふわ食感の鶏つくね。低糖質ながら、ラカントSでコクがアップします。作り方は動画[なおよキッチン]で公開中!

料理研究家が本気で生つくねを作ってみた【糖質オフレシピ】

カロリー0の自然派甘味料 ラカントS顆粒

食後血糖値への影響が少ない、カロリー0の自然派甘味料「ラカントS顆粒」。

ウリ科の植物「羅漢果(ラカンカ)」のエキスと、トウモロコシの発酵から作られる「エリスリトール」。2つの天然素材から作られた、カロリー0の自然派甘味料。食後の血糖値への影響が少なく体にやさしい。砂糖と同じ甘さだから、調理にも便利。共に130g。シロップ(280g)もあり。
 (36269)

砂糖・調味料売り場用
 (36270)

健康食品売り場用