「寝るだけで肩や首の凝りが治る?」予約の取れない整体師監修の枕

公開日:2019.10.10

更新日:2019.12.6

「寝るだけで肩や首の凝りが治る?」予約の取れない整体師監修の枕

みなさん、肩・首のコリに悩まされていませんか?

私は、肩・首のコリに悩まされ、週1で鍼灸院に通っています。
しかし、施術をして2、3日は良いのですが、その後、元に戻ってしまい、また通うの繰り返し。
せめて、通う回数を減らしたい。


という事で、高級枕も2つほど試したのですが、効果なし。
お金の無駄でした。


そんな悩みを持つ私にぴったりな取材のお話が舞い込んできました。
でも、最初は高級枕でしょ?また同じ結果だよと思っていたのですが、信じられない結果に!

からこと発信部ライターとして取材して来たので、レポートいたします。

スマートフォンの普及によるネックストレス現象

総務省「通信利用動向調査」2017年7月発表によると、スマートフォンの普及率は5年で4倍に増加。
特に20~30代の所有率は90%を超え、これから全世代でさらに増えると言われています。
総務省「通信利用動向調査」2017年7月発表

総務省「通信利用動向調査」2017年7月発表

スマートフォンによる健康被害の中でも、注目すべきは首への負担=ネックストレス。
首は、普段からボーリング球のような重みのある頭を支えストレスを感じているうえに、現代人はさらにスマートフォンやパソコンによって、首への負担をかけ続けているのです。
首は脳へ酸素や栄養を運ぶ血管や老廃物を排泄するリンパ管、さらには脳から全身に指令を送る神経系が通る重要な場所。
そのため、首への負担が続くと血液や体液が流れにくくなり、細胞に酸素や栄養が届きにくくなるため、代謝が低下し体は冷えるなど、全身にさまざまな影響があるのです。


体の歪みを整える整体まくら「THE MAKURA」とは?

開発者は、整体師の熊谷 剛さん。
過去に述べ5万人に施術し、99%のお客様から満足を得、結果が出るまでのスピードの速さからゴッドハンド整体師と呼ばれるほどに!
現在は自身のノウハウや技術を教えるようになり、過去に2000人の整体師に整体術をレクチャー。
現在でも230名の整体師が彼のもとで学んでいます。

熊谷さんは、首へのストレスを最大限に軽減し、体の歪みをとり、バランスを整える事を第一に考え枕を作りました。

「寝ている間に整体効果を得られる整体枕」として、日本で唯一の『特許』を取得しています。

買ってはいけない枕、3つの特徴

熊谷さんによると首のことを考えるなら”買ってはいけない”枕があるそう!
その3つの特徴は以下の通りです。

(1)立った姿勢のまま作るオーダーメイド枕

寝ている状態と立っている状態では重力のかかり方が全く違うため、立った姿勢を計測し、その姿勢に合わせて作るまくらは意味が無いのだとか。

(2)頸椎(首)のカーブに合わせた枕

頚椎のカーブは体のバランスを取った結果として作られます。
だから、人によってはストレートネック等と言われる状態になったりします。
そのため、現在のカーブに合わせた枕が、首にいい枕とは限らないのだそうです。

(3)好みの固さで作るオーダーメイド枕

まくらを試作していくうちに、体に合ったまくらには「固さの調整」が不可欠という事がわかったと熊谷さん。
人間の体が許容できる固さがあったのです。
ですから、好みで固さを選んでしまうと実は合っていないまくらを使い続ける事になってしまう恐れがあるのです。

「THE MAKURA」の特徴

左は、よく見る一般的な枕。
このタイプの枕では、1点に重みが集中。首への負担が大きい。
右の「THE MAKURA」は、堅めの二つの山が、頭部と肩を支え、頸椎の負担を軽減します。
これにより、首をリセット!
体のだるさや疲れなども解消へ。
 (14391)

「THE MAKURA」を体験

整体師さんに体の状態をチェックしてもらうと・・・・
整体師さん「すごい肩が盛り上がってますよ。少し触っただけでかなりのコリを感じます」
KIE (14394)

via KIE
続いて、体の可動域チェック!!
腕が右と左で上がり方が違うし可動域が違う!そして、左右の骨盤の可動域までもが違う!
KIE (14396)

via KIE
次に寝て、枕をしない状態で体の状態をチェック。
足も左右で可動域が違う!
一番驚いたのは「息をめいいっぱい吸ってください」という掛け声で吸うとあまり入らなかったこと。
これだと、体に酸素が行き渡らず、血液と体液のめぐりが正常化されないため、体は歪んだママになってしまうんだとか。
KIE (14398)

via KIE
続いて枕を装着。
枕の一番端と頭を合わせる。
ふむふむ。いつもと違うので何か違和感。
でもそのうち慣れて来ました。
KIE (14400)

via KIE
続いてマットレス「THE MATTRESS」と足用マットレス「ASHI MAKURA」も追加して3分間寝てみました!

「THE MATTRESS」は沈み過ぎず、ちょうど良い。
「ASHI MAKURA」は40mmの厚さがあります。
研究の結果、この厚さになったのだそう。
私は反り腰なので、足枕があると、寝ていてとっても楽でした。
KIE (14402)

via KIE
3分後可動域をチェックすると、左右で同じになっている。
不思議!
歪みが取れたという事でしょうか⁉

たった3分でこの結果が得られたという事は、毎日、寝ているだけで体の歪みが整ってくるという事でしょうか?

ちなみに、下記は、同じ取材に来ていた方の血管スコープの結果です。
ドロドロだった右に比べて、3分間寝た後の左の血管は良い状態になっていました。
KIE (14404)

via KIE
自分の好みで硬さを決めたり、高さを決めたりしてはダメなんですね。
プロが考え抜いた、プロお任せの枕!すごいです。

睡眠時間は1日6時間?7時間?8時間?と考えても人生で寝ている時間は長い!
この寝ている時間を活用して健康を保てるなんて、なんて素敵なんでしょう。

私の鍼灸院に通う回数が減れば、その時間を他の時間に使える!
時間も有効活用できます。

枕に3万円は高いな〜と思っていたけれど、こう考えると、高くないのかも!!!