今月のカムカムレシピ【カムトレ×温活】で不調知らずの生活を

公開日:2020.12.14

更新日:2020.12.14

今月のカムカムレシピ【カムトレ×温活】で不調知らずの生活を

噛むことには、代謝を上げて体を温める効果もあります。寒い季節は、噛み応えのある食材と、辛いものを食べて体の中からホットになりましょう。

この記事の監修:金丸絵里加さん

 (33788)

管理栄養士・料理研究家。「おいしい!」と顔がほころぶような、毎日食べても飽きない「お家ごはん」を提案。健康的な食生活のために、栄養価も考えた料理レシピを書籍、雑誌、テレビなどで紹介。近著に『女子のやせ定食』(光文社)、『365 日のサラダ』(永岡書店)他。

噛み応えのある食材×体の中から温める食材で寒さを乗り切る!

雑誌やテレビなどで活躍している管理栄養士の金丸絵里加さんに教えてもらう美味しいカムトレレシピ。今回は、体を温めて体温を上げる食材を使用します。

今月のレシピはこちら!

 (35076)

もち麦の温活スープ

【材料(2人分)】
※カムカム食材 温活食材
イカ…小1杯
ニラ…1/2束
にんじん…1/4本(40g)
しょうが…1かけ
まいたけ…1パック
ごま油…大さじ1/2
もち麦…50g
水…4カップ
鶏がらスープの素…小さじ1/2
<A>
コチュジャン…大さじ1・1/2
しょうゆ・おろしにんにく…各小さじ1
みりん…小さじ1
【作り方】
①イカはワタを取って足は食べやすく切り分け、胴は1㎝幅の輪切りにする。ニラは約4㎝の長さに切る。
②にんじんは4㎝ほどの長さの短冊に切り、しょうがは千切りに、まいたけは小房にほぐす。
③鍋にごま油を熱して❷を入れて炒め、全体に油が回ったら、もち麦を加えてさっと混ぜ合わせる。
④水、鶏がらスープの素、Aを加えて混ぜ、煮立ったらアクを取り、10~15分煮る。もち麦に火が通ってきたら❶を加え、さらに5分ほど煮て、器に盛る。

今回のカムトレポイント

Point1 歯ごたえのある食材を選ぶ
Point2 噛みごたえがあるように、食材を大きめに切る
Point3 体の中から温まる食材を選ぶ

今回のカムカム食材

 (35074)

いか
かめばかむほど味わいが深くなるいか。脂質が少なく低カロリーなので、よくかむことで代謝を上げ、ダイエット効果も期待できます。

もち麦
ぷちぷち、もちもちした食感で、よくかんで食べたい食材です。また、食物繊維がごぼうの約2倍もあるので、腸内環境をよくする効果も期待できます。

温活食材

 (35075)

にら
ニラの香りのもとであるアリシンは、発汗を促して代謝を高める効果があります。また、疲労回復には欠かせないビタミンB1の吸収を高める効果も期待できます。

コチュジャン
唐辛子がたっぷり入ったコチュジャン。さらに発酵食品でもあるため、体の中から健康に。

おろしにんにく
古くから体を温め、邪気を払うとされてきたにんにくは、風邪のひきはじめなどに用いられます。さらにすりつぶすことでアリシン効果が高まり、代謝を高めます。

しょうが
生の生姜に含まれるジンゲオールには解熱や解毒作用があり、体を冷やします。加熱するとジンゲオールはショウガオールに変わり、体を温め、新陳代謝を高める効果に変化します。
カムトレオンラインサロンのお知らせ
「よく噛むこと」を毎日楽しく実践して、健康に美しくなる!をコンセプトに、「噛むことのからだにいいこと」を学び、みんなで実践するコミュニティ(無料)がFacebookの「カムトレオンラインサロン」です。カムカムレシピのほか、エクササイズや専門家インタビューなども投稿していきますのでぜひのぞいてみてください。
レシピ・料理制作/金丸絵里加
撮影/阿部吉泰(ブロウアップ)