気づかない「自分のニオイ」を “見える化”できる グッズが登場!

公開日:2019.9.6

更新日:2019.9.9

気づかない「自分のニオイ」を “見える化”できる グッズが登場!

自分のニオイって、自分ではわからないといいます。だからこそ、『私のニオイは人に迷惑をかけてないだろうか』『隣の人に不快だと思われていないだろうか』……。そんなことを考えて、不安になることありませんか?
先日、コピー機やプリンターなどで知られるコニカミノルタが、「ニオイを測定できる機器を発表する!」と聞きつけ、興味津々、その発表会に行ってきました。

 (13453)

「ニオイは危険を知らせるサイン。まだ狩猟をしていた頃は、危険な動物が近づいてきたことをまずニオイで感知しなければなりませんでした。本能でもあるその能力がいまだに残っているため、危険でない自分のニオイには気がつかないのです」と聞いたことがあります。

しかし現代では、危険か危険でないかより、そのニオイが心地よいか心地よくないかの方が大事。自分では気づかない自分のニオイが、ひょっとして他人に不快感を与えていないか……気になります。
ちょっと気になる異性がいる場所、絶対に失敗できないビジネスの場などでは、それは重要な問題。でも、自分のニオイに気づけないなんて、自分のニオイがくさいかどうか、どうやって知ればいいの?

そんな悩みを解決してくれそうな話が舞い込みました。計測機器を製造・販売しているコニカミノルタが、ニオイを測れる機器を開発したというのです。そして、その発表会でニオイ専門家でもある内科医の桐村里紗先生が講演することになり、呼んでいただくことができました。

ニオイを抑えるには、生活習慣の見直しが重要

ニオイ専門家で内科医の桐村里紗先生

ニオイ専門家で内科医の桐村里紗先生

桐村先生は、「生活習慣臭」について講演。
気になるニオイには口臭・加齢臭・ミドル臭・汗臭・ストレス臭など様々ありますが、まず、これらのニオイが出なくなるためには、生活習慣を見直すことと提案。だ液の出るような食生活、腸内環境のバランスを整える食事、汗をしっかりかけるような体づくり、ストレスを溜めない生活が大事だということです。
また、もしも生活習慣を変えてもにおったり、独特のニオイならば病気のサインかもしれないので、受診をしましょうというお話でした。

「バイきんぐ」小峠さんはほぼ無臭!

 (13446)

そのあとは、お笑い芸人「バイきんぐ」の2人や女優の河北麻友子さんが登場し、ニオイを測る機器「kunkun body(クンクンボディ)」を使っての測定をしながらトークを展開しました。

「kunkun body(クンクンボディ)」とは、スマートフォンとつなげて、自分の測りたい部位のニオイを数値として見られる機器。バイきんぐの小峠英二さんはほとんどニオイがないと出ましたが、西村瑞樹さんはかなりの数値が出て、河北麻友子さんにいじられてしまいました。

このトークを聞きながら『私も使ってみたい!』とウズウズ。皆さんも、自分の口臭や足の裏のニオイなど、数値化してみたいと思いませんか?(怖いけど……)。

実際に測定してみると……意外と数値が低くて「ほっ!」

実は、セミナーの帰りに「kunkun body」をいただけました。キャッ! 嬉しい! 帰宅後、すぐに箱を開けて体験!
 (13448)

測定可能な場所は、くち・あたま・耳のうしろ・わき・あしの5カ所の部位とありますが、「くち」はこのバージョンでは測定できないそう。いただきものなので文句は言えませんが、口臭も測りたかったなぁ。

まず、「kunkun body」を充電しながら、専用アプリをスマートフォンにインストール。そして、「kunkun body」とスマートフォンをペアリングします。
これができたら、あたま・耳のうしろ・わき・あしの4カ所の測定開始。

入浴前の状態にも関わらず、耳のうしろが25だっただけで、あとは「ほとんどにおいません」と出て、少し「ほっ!」

これさえあれば、大切な人と会う日の朝など、自分のニオイを確認してから外出すれば、自分のニオイのなさに自信が持てそう……な、気がします。
毎日測定することで、生活習慣の乱れもチェックできそう。ゲーム感覚で毎日のケアが楽しくできますね。

文・画像/『からだにいいこと』企画編集部・宇野美貴子