簡単おいしく作り置き! 夏の爽やか漬け込みレシピ【① 野菜編】

公開日:2019.7.16

更新日:2019.7.16

簡単おいしく作り置き! 夏の爽やか漬け込みレシピ【① 野菜編】

暑くてジメジメするこの時季は、食材や料理がすぐに傷んでしまいがち。そこでおすすめなのが「漬け込みレシピ」。
食材を身近な調味料で漬け込むことで保存性がアップ、味もしみてグッとおいしくなるので、食欲が落ちる夏にぴったり。作り置きしておけば簡単にもう一品に変身しちゃう、時短の強い味方です。
漬け込みレシピで夏をさわやかに乗り切りましょう!

さっぱり味で食もすすむ、夏におすすめ簡単レシピ

 (10797)

蒸し暑くなるこの季節、食材やせっかく作った料理が痛んでがっかりすることが増えていませんか? 
そこで食材を塩や酢、しょうゆ、オイル、みそといった身近な調味料で漬け込む「漬け込みレシピ」を。長持ちするだけでなく、塩や酢で漬け込むと肉でも味がさっぱりするので、食欲がなくなりがちな夏でも食が進みますよ。

漬けたものをそのまま食卓に出してもOK、さらに簡単に別の1品にアレンジできるので、多めに作り置きしておくと本当に便利。
野菜だけでなく、肉や魚、豆腐も使った「漬け込みレシピ」メニューなら、食べ応えあるおかずになりますよ!

野菜の漬け込みレシピ

トマトとしょうがのマリネ

普通のトマトなら砂糖を多めに[保存期間 約5日・85 kcal]
 (10798)

【材料(2人分)】
フルーツトマト…4個(250g)
しょうが…1片
A|酢…大さじ2
 |砂糖…小さじ2
 |塩…小さじ1/3
 |オリーブオイル…大さじ1と1/2

【作り方】
1 トマトを3㎝の角切りにし、しょうがは千切りにする。
     
2 保存容器にAを入れて混ぜ、1を加えてさらに混ぜ、冷蔵室で10分ほど漬ける。器に盛る。

→ 卵とアレンジ! トマトと卵の炒め物

マリネがごはんに合う中華風のおかずに![161kcal]
 (10799)

【材料(2人分)】
トマトとしょうがのマリネ…1/2量
卵…2個
にんにく…1/2片
ごま油…小さじ2
A|鶏ガラスープの素…小さじ1/2
 |砂糖…小さじ1/2
 |塩…小さじ1/3

【作り方】
1 にんにくをみじん切りにする。   

2 ボウルに卵を溶きほぐし、Aの材料を加えてよく混ぜ合わせる。

3 フライパンにごま油小さじ1と1のにんにくを入れて弱火にかけ、香りが出たら「トマトとしょうがのマリネ」を加えてさっと炒めて取り出す。

4 3のフライパンにごま油小さじ1を足し、2を一気に加えてふんわりと炒める。3を戻して軽く炒め合わせ、器に盛る。

セロリのピクルス

レモンの酸味でさわやかに![保存期間 約1週間・79 kcal]
 (10800)

【材料(2人分)】
セロリ…1本(100g)
レモン…1/2個(50g)
A|酢…200㎖
 |水…200㎖
 |砂糖…大さじ4
 |塩…小さじ1/3
 |ローリエ(なくてもOK)…1枚
 |黒こしょう(ホール、なくてもOK)…5粒

【作り方】
1 セロリの筋を取り除き、1㎝の厚さの斜め切りにする。レ
モンはいちょう切りにする。

2 鍋にAを入れて中火で熱し、煮立ったら弱火にして1分ほど煮る。砂糖が完全に溶けたら保存容器に移し、1を加えて冷めるまで漬ける。器に盛る。

→ 蒸し鶏と合わせてアレンジ! 蒸し鶏とセロリのマリネ

鶏肉を加えればメイン料理に変身![398kcal]
 (10801)

【材料(2人分)】
セロリのピクルス…全量
鶏胸肉…1枚(200g)
塩・砂糖…各小さじ1/2
酒…大さじ2
オリーブオイル…大さじ2

【作り方】
1 鶏肉の余分な脂を包丁で切って取り除き、厚みが均一になるように切り、塩、砂糖を均等にまぶす。

2 耐熱皿に1を入れ、酒をかけ、ラップをふんわりとかけて600Wの電子レンジで約4分加熱する。
レンジから出しラップをかけたまま5分ほどおいて粗熱を取り、食べやすい大きさにさく。

3 ボウルに「セロリのピクルス」とピクルス液大さじ2(分量外)、2、オリーブオイルを入れて混ぜ合わせる。器に盛る。

塩もみにんじん

保存しておけば料理の彩りに使えて便利!
[保存期間 約5日・36 kcal]
 (10802)

【材料(2人分)】
にんじん…1本(200g)
塩小さじ…1/2(3g)

【作り方】
1 にんじんを千切りにし、塩をふって軽くもみ、そのままジッパー付き保存袋に入れる。空気を抜いて口を閉じ、冷蔵室に入れて1時間ほど漬ける。水気を軽く絞り、器に盛る。

青梗菜のピリ辛ラー油漬け

シャキシャキ食感と辛みがくせになる!
[保存期間 約1週間・39 kcal]
 (10803)

【材料(2人分)】
青梗菜…1株(150g)
A|しょうゆ…大さじ2
 |酢…大さじ2
 |砂糖…大さじ1
 |ラー油…小さじ1]

【作り方】
1 青梗菜を縦に8つに切る。Aは混ぜ合わせる。

2 ジッパー付き保存袋に1の青梗菜とAを入れて軽くもむ。空気を抜いて口を閉じ、冷蔵室でひと晩漬ける。器に盛る。

きゅうり1本漬け

保存袋に入れてひと晩おくだけ![保存期間 約1週間・23 kcal]
 (10804)

●材料(2人分)
きゅうり…3本(300g)
赤唐辛子…1本
昆布3㎝四方…1枚
A|水…300㎖
 |塩…小さじ2

●作り方
1 きゅうりに塩適量(分量外)をふってまな板の上で転がし、水で洗って両端を切り落とす。Aは混ぜ合わせる。

2 ジッパー付き保存袋に材料すべてを入れる。空気を抜いて口を閉じ、冷蔵室に入れてひと晩漬ける。食べやすい長さに切り、器に盛る。
 (10805)

ゴーヤのカレー漬け

ゴーヤの苦みにカレーが好相性[保存期間 約5日・40 kcal]
 (10806)

【材料(2人分)】
ゴーヤ…1本(250g)
A|砂糖…大さじ3
 |酢…大さじ3
 |カレー粉…小さじ1
 |塩…小さじ1/3]

【作り方】
1 ゴーヤを縦半分に切ってから、スプーンで種とワタを取り除き、5㎜幅に切る。塩小さじ1(分量外)をふってもみ、塩をつけたまま熱湯で30秒ほどゆで、ざるにあげ、水気をきる。Aは混ぜ合わせる。

2 ジッパー付き保存袋に1のゴーヤとAを入れて軽くもみ込む。空気を抜いて口を閉じ、冷蔵室で2時間以上漬ける。器に盛る。

この記事の監修

河井美歩さん

料理家。ABCクッキングスタジオにて講師、人材育成、商品企画・開発等を担当したのち独立。茨城県つくば市と東京・神楽坂を拠点に料理イベントを開催中。著書に『なんでも、漬けもの。』(主婦と生活社 ¥1,404)他。
撮影/武井メグミ
(からだにいいこと2019年8月号より)