脂肪が燃える!「30秒壁押し背中ほぐし」ストレッチ

公開日:2018.11.6

更新日:2018.11.6

脂肪が燃える!「30秒壁押し背中ほぐし」ストレッチ

骨格のゆがみは、肩こりや腰痛、頭痛を引き起こすだけでなく、代謝が落ちて脂肪のつきやすい体にします。そこで、おすすめなのが、壁を使ったストレッチです。

「壁押し」だから、手軽にできて失敗しない!

ストレッチを続けているのに、ダイエット効果が実感できない…。そんな人は、やり方を間違えているのかもしれません。
ストレッチ効果は正しい姿勢やポーズで行うことで得られるもの。自宅で、一人で行うと間違った姿勢やポーズになりがちです。しかし、「壁押しストレッチ」なら、壁に手をつくことで体が固定されるので、確実に効果的な姿勢をキープできます。

全身やせに効く! 背中ほぐし

なかなか自分でほぐすことができない背中を、壁を使ってストレッチしましょう。背中がほぐれて背筋が伸び、胸が開いて呼吸が深くなります。心身ともにリラックスでき、代謝がアップ。全身の脂肪が燃えます!

1 腕を伸ばして胸を壁につける

 (1446)

足を壁から少し離して立ち、両腕を伸ばして上げ、胸を壁にぴったりつけて。

2 壁を押すようにして上半身をそらせる

 (1449)

目線は上に。自然に息をしながら5秒キープ。息を吐きながら1の姿勢に戻る。これを5セット行う。

両手を壁から離すとさらに効果アップ

 (1452)

胸を壁につけたまま、両手を壁から離して上半身をそらせると、効果がアップ! 力んで息を止めると筋肉が硬くなり逆効果なので、自然な呼吸を続けるようにして。目線を上後方に向け、胸を上に引き上げるよう意識しましょう。

この記事の監修

和田清香さん

ダイエットエキスパート。米国認定・栄養学&健康促進コンサルタントの資格をもち、手軽で健康になれるダイエット法を提案。著書に『30秒でスッキリ!壁トレ』他。

撮影/神尾典行 モデル/中田 奈沙 
(からだにいいこと2018年5月号より)