3文字でタレ尻がキュッ!「尻文字 de 小尻エクサ」

公開日:2020.4.23

更新日:2020.4.23

3文字でタレ尻がキュッ!「尻文字 de 小尻エクサ」

このところの "おこもり生活" からの運動不足で、お尻が垂れて来ていませんか?
そこで、たった3字の「尻文字」を描くだけで、お尻がカッコよくキュッと上がる「尻文字 de 小尻エクサ」をどうぞ。動画も参考に、骨盤矯正トレーナーNaokoさんのプリッとした理想のヒップに近づいて ♪ 

この記事の監修:Naokoさん

 (24541)

骨盤矯正パーソナルトレーナー。(株)NaokoBodyworks代表。20代の頃より、肥満をはじめ、肩こり、腰痛、外反母趾など多くの不調に悩まされ、ボディメンテナンスの分野に深く興味を持つようになる。出産を機に本格的に体作りの勉強を開始、ヨガ、ピラティス、整体、エステ手技などを学び、あらゆる知識と実績を組み合わせて独自のメソッドを開発。このメソッドにより、自身も14kgの減量に成功、不調知らずの体を手に入れる。
現在は3人の子供の育児を行いながら、1万人以上の女性たちにボディメイクやメンタルケアを行うほか、後継者の育成指導、企業とのタイアップ商品開発など、精力的に活動をしている。
近著に『1分おしり筋を伸ばすだけで劇的ペタ腹!』(学研ホールディングス)がある。

●インスタグラムhttps://www.instagram.com/naokobodyworks/
「20代の頃は、今より12㎏太っていて老け見えしていた」Naokoさん
 (24542)

24歳の時、ストレスが原因で今より12㎏も太っていて、老け見えしていたNaokoさん。自分を見つめ直してヨガを始め、ピラティス、整体など多くを取り入れ、お尻に注目したダイエット法を確立。3月末に第3子を出産後もすぐに体形戻しに成功して50㎏をキープ。

尻文字でお尻の筋トレ! タレ尻がプリッと上がる

「お尻には大臀筋、中臀筋、小臀筋という3つの筋肉がありますが、意識しないとあまり動かさない部分。そこで、お尻の筋肉を効果的に動かす『尻文字DE小尻エクサ』を。楽しく縦、横にお尻をしっかり動かして3つの筋肉を鍛えることで、骨盤が締まってタレたお尻が上がります」。

また、大臀筋は筋肉の中でも2番目に大きな筋肉。大きな筋肉を動かすことで基礎代謝量が上がって、脂肪が燃焼しやすい体になるそう。
「お尻を鍛えることでヒップアップだけではなく、全身のぜい肉が減るなど、ダイエット効果は抜群。骨盤のゆがみも整い、美しいボディラインになれますよ」
タレ尻が上がって小尻になる理由
 (24543)

お尻を大きく動かすことで、お尻にある大きな大臀筋、股関節の外側の中臀筋、大臀筋と中臀筋の下にあるインナーマッスルの小臀筋が鍛えられる。中臀筋、小臀筋を鍛えると、骨盤が締まって大臀筋が上がるのでお尻が上がり、横に広がったお尻が締まって小尻に。

「尻文字 DE 小尻エクサ」のやり方

 (24544)

左右の足とひざの間をこぶし1個分空けて立つ。
猫背にならないように姿勢をまっすぐ、ひざの間の空きを保ちながら、
お尻で「こ」「じ」「り」と書く。
股関節をしっかり動かして大きく書くのがポイント。

タレ尻がキュッ!と上がる尻文字エクサ

撮影/神尾典行  イラスト/後藤知江
(からだにいいこと2018年12月号より)