11月号ダイエット特集「一生お腹が出ない“食べ方”と“出し方”」制作ウラ話

公開日:2019.9.13

更新日:2019.9.13

11月号ダイエット特集「一生お腹が出ない“食べ方”と“出し方”」制作ウラ話

『からだにいいこと』11月号の巻頭特集では、みるみるお腹がヘコむ簡単テクのオンパレード。毎日の「食べる」と「出す」をちょっぴり変えるだけで、太りにくくヤセやすい、“一生モノのペタ腹体質”手に入ります!

プロフェッショナルがヤセる「食べ方」「出し方」を伝授

誰もが毎日行う食事と排泄。これを見直せば代謝が上がり、脂肪燃焼しやすい体に。
からだにいいこと11月号では、手軽にペタ腹を作る「食べ方」「出し方」をお伝えします。

<こんな悩みはありませんか?>
□食べても満足感がなく、つい食べすぎてしまう
□食後の甘いものがやめられない
□たいして食べていないのにヤセない
□便秘ぎみ
□すぐにお腹が張る、おならがよく出る
□腹筋運動ができない
□むくみがち

1つでも思い当たる方は、『からだにいいこと』11月号をチェック!

栄養療法に詳しい医師をはじめ、ダイエット外来のドクターや管理栄養士、カリスマエスティシャンなど、各分野のプロフェッショナルが登場して、
今日から始められる「食べ方」と「出し方」のコツを教えます!
Flat Lay Food Salad - Free photo on Pixabay (13395)

食べるだけでヤセる夢のような食事

ここで、誌面に掲載している「ヤセる食べ物」を2つご紹介。

1つ目は「TKG(たまごかけごはん)」。

卵は“完全栄養食”といわれるほど栄養豊富で、良質なたんぱく源であることでも知られます。
卵かけごはんは手軽に栄養のとれる1杯ですが、食べるタイミングやトッピングによって、さらにヤセ効果が高まる食事にパワーアップするんです!
誌面ではTKGでヤセる理由やおいしいレシピも紹介しているので、ぜひご覧ください。
 (13401)

TKGを“あるタイミング”で食べるだけでヤセるお手軽ダイエット。
読者もチャレンジして、見事ダイエットに成功! 結果は誌面でご覧ください。
2つ目は「原始人おやつ」。

「農耕が始まる以前の人類が食べていた食品で作るおやつ」のことです。
果物や野菜を使ってハチミツなどで甘みをつけたスイーツは、ナチュラルでヘルシー、しかもおいしい!
そのうえ代謝を上げ、内臓脂肪を減らすうれしい効果も。
しっかり甘いのに罪悪感ゼロのおやつレシピは要チェックです!
 (13403)

目にも鮮やかな「原始人おやつ」。撮影現場でも「甘い!」「おいしい!」と大好評でした~♪

食べてる? 出してる? 撮影現場をチラ見せ

特集の撮影現場では、モデルの原田ゆかさんが様々な「食べ方」「出し方」テクに挑戦してくれました。

中には、パッと見ただけでは何をしているのかわからない不思議なカットも……。
 (13405)

前かがみで椅子に座り、満面の笑顔で「GOOD!」。一体何をしているの!?
 (13406)

高~いところから食事シーンを撮影。といっても、手元には何もありませんが…。
脚立に登っているのは、いつもダイエット特集でお世話になっている神尾カメラマンです。
撮影は毎回こんなふうに、モデルさんやカメラマンさんなどたくさんの方々に支えられています。編集部の無茶ぶりにも快く応じてくださるみなさまに感謝!!

スタッフ一同、全力で作った『からだにいいこと11月号』、ぜひお手にとってみてくださいね~!