スマホ首が「肥満」「老け」を招く理由

公開日:2018.11.8

更新日:2018.11.8

スマホ首が「肥満」「老け」を招く理由

姿勢が悪い人は、姿勢がいい人に比べて太って見えます。しかも、実年齢よりも10歳以上老けて見えてしまうことも! 今の時代、とくに注意したいのが、スマホをのぞきこむときの姿勢。「猫背」と「スマホ首」が、肥満と老けを招くのです。

姿勢が悪いと実年齢より10歳老けて見える

姿勢が悪いと背骨が曲がり、骨盤がゆがみます。すると、体のラインが崩れて老けて見えるのですが、同時にお腹もぽっこり出やすくなります。なぜなら、体がゆがむと内臓のまわりの筋肉がずれ、胃や腸などの内臓が下に垂れてしまうから。特に女性は子宮も下がってしまうので、ますますぽっこりお腹になりやすいのです。

一見姿勢がよく見える人でも、1日に何度もスマホの画面を眺める人は、要注意。体の内側では、骨格のゆがみが起こり始めているかもしれません。
 (1402)

そのうちに首が前に出て、お腹はぽっこり。これが、太り始めのサインです。
 (1404)

そして、数年後には完全に猫背になり、老人のようなシルエットに…。体がゆがむと筋肉が正しく使われなくなるため、どんどん太ってしまいます。
 (1406)

スマホ姿勢が招く「肥満」と「老け」の悪循環

スマホの画面をのぞきこむような前かがみ姿勢をくり返していると、本来ある首の骨のカーブが失われ、いわゆる「スマホ首」(ストレートネック)になってしまいます。
 (1409)

すると頭が前に出て、背骨は引っ張られて猫背に。背骨につながる骨盤にも、ゆがみが広がり、体形が崩れていきます。

「スマホ首」で骨格のゆがみが起こると、まわりの筋肉も正しく機能しなくなります。首や肩のコリ、腰痛などが起こるのは、そのため。そして、体が動かしづらくなり、使われない筋肉のまわりには脂肪がつき、肥満の原因に‼ さらに筋肉がこって硬くなると血流が滞り、代謝が低下。するとますます太りやすくなり、体の不調も出てきます。

血流が悪化し、筋肉や関節が固まると、体は萎縮します。すると、さらに骨格はゆがみ、「肥満」と「老け」が加速するという悪循環にはまってしまうのです。

スマホ姿勢は、生理不順や不定愁訴も引き起こす

「スマホ首」で頭が前に出ると、神経を圧迫して自律神経も乱れがちに。不眠、イライラなどが起こりやすくなります。また、背骨や骨盤がゆがむことで、骨盤の動きは低下。子宮や卵巣に影響し、生理トラブルの原因にもなります。さらに、全身の血流が停滞するので、体の冷えを招きます。

「肥満」と「老け」のみならず、健康全般にまで影響する「スマホ姿勢」、おそるべし! スマホの使い過ぎには要注意です。日頃から、スマホ時間を制限して、目線を上げた正しい姿勢を意識したいですね。

この記事の監修

酒井慎太郎さん

柔道整復師、千葉ロッテマリーンズメディカルアドバイザー。さかいクリニックグループ代表。機器を使った丁寧な診療が評判。『あなたの首の痛み・肩こりはストレートネックが原因です!』(永岡書店 \1,296)ほか著書多数。

撮影/神尾典行 モデル/中田 奈沙 
(からだにいいこと2018年5月号より)