むくみ解消!「足首サラシ」ですっきり脚やせ

公開日:2018.11.12

更新日:2018.11.12

むくみ解消!「足首サラシ」ですっきり脚やせ

上半身より下半身が太っていると悩んでいませんか? 特に気になるのが脚の太さ。パンツもスカートも脚が太いとスタイルが決まらず、ブルーな気分に。そんな脚のお悩みの原因は、もしかすると「水太り」「むくみ」かもしれません。

水太りやむくみは、ずばり腎機能の低下によって起こります。水分代謝が滞り、排出されるべき水が体内にたまってしまうのです。そこで腎臓の機能を高めてデトックス力を高めましょう。そのためには、「足首サラシ」が効果的です。むくみをとり、脚も全身もやせやすくなりますよ。

足首に集まるツボを刺激し腎機能を高める

足首と土踏まずには、腎臓のツボが密集しています。足首にサラシを巻くと、そのツボを常に刺激でき、腎臓が活性化。これによりデトックス力が高まると同時に、体を温める効果もあります。

「足首サラシ」のやり方

用意するものは綿100%で非伸縮性の包帯。長さは2.5mあると理想的です。

(1)布を外側のくるぶしにあて、締め付けないように1周巻く

 (1381)

布の端が外くるぶしにくるように前から足首にあてます。締めつけないようにしながら、足首にグルッと1周巻いて。

(2)足の裏を通して小指側に布を回す

 (1384)

布を足の甲から足の裏(土踏まず)に通し、小指側へもってきます。

(3)内側のくるぶしに向かって8の字に3周巻く

 (1387)

内くるぶしに向かって巻き、足首を1周させたら再度、足の裏を通します。8の字に巻く動きをくり返し、3周巻いて。

(4)内くるぶし側の肌と布の間に残りの布を下から上に通す

 (1390)

肌と巻いた布の間に、残りの布を下から通します(内くるぶし側)。

(5)余った布を上から差し込んで収納

 (1393)

5㎝ほど残して布をカット。端を上から布と布の間に差し込んで収納します。逆の足も同様に巻きます。

一日中巻いた状態で生活すると効果的ですが、難しい人は就寝時だけでも大丈夫。冷えとむくみを改善してくれるので、翌朝スッキリと目覚めることができます。

むくみが解消してスッキリ脚ヤセ!

脳への血流アップと足首のツボへの刺激のダブルのアプローチで弱った腎臓の働きを活性化。体の排出力を高めましょう。むくみが解消すれば、やせやすくなって、パンパンだった脚もスッキリ軽やか! それでなく、頑固な冷えがなおる、よく眠れるようになるなどさまざまな効果がみられるように。ズボラさんでも手軽にできるので、まずは挑戦してみてください。

この記事の監修

北濱みどりさん

漢方家(国際中医師A級)。さらし健康法の「グリーン健康会」代表。健康相談と共にバランス経絡体操を指導する教室を開催。著書に『体の不調は腎臓でよくする!』(かんき出版¥1,404)他。

撮影/神尾典行 モデル/幣原あやの 
(からだにいいこと2018年4月号より)