10日で二の腕が細くなる「タオルねじり」ダイエット

公開日:2019.4.25

更新日:2019.7.17

10日で二の腕が細くなる「タオルねじり」ダイエット

体重は減ったのに、二の腕は引き締まらない…むしろタプタプになっているような!? そんな二の腕には やはりエクサが大切。「タオルねじり」はタオルを使った “伸ばしてねじる” 動きで、普段使わない筋肉を動かして脂肪を燃やします。タオルを使うことで、誰でも簡単に狙った部位を刺激できます。10日後には半袖からすっと伸びる細い腕に!

脂肪がつきやすい二の腕をねじって集中刺激!

もともと二の腕の後ろ側は筋肉が少なく、女性ホルモンの働きで脂肪がつきやすい部位。しかも、バッグや携帯を持つのも、パソコン作業や家事をする時も、日常の動きはほぼひじが曲がった状態。二の腕の前側ばかり使い、後ろ側の筋肉は眠ったまま。これがタプタプ肉の原因に。

「タオルねじり」で伸ばしてねじるだけで、前側も後ろ側も一度に刺激できます。使わずに眠っていた筋肉が総動員されるので、短期間で細くなります。

「ねじる動き」で二の腕を一気に刺激! 眠った筋肉が目覚める

 (6975)

1 右手を上にして背中でタオルを持つ

フェイスタオルをタテ4つに折る。右手を上にして背中でタオルの端を持つ。やりづらい人は、てぬぐいなどの薄い素材を使って。
 (6976)

2 右ひじを伸ばして5秒キープ

右ひじをしっかり上に伸ばして、同時に左ひじは曲げる。肩甲骨がグッと動くイメージで。5秒キープして。1→2を2回くり返す。
 (6977)

3 左腕を伸ばしながら後ろ側にねじる

左腕を左下に伸ばしながら、手のひらを返すように腕をねじり、タオルを巻きつける。右ひじは曲げ、両肩は開いて5秒キープ。2→3を2回行い、反対側も同様に。

1~3を左右3セット行う。

+1エクサ「タオルぐるぐる」でもっと効果アップ

仕事中やテレビを見ながらできるエクサです。「ねじりエクサ」にプラスすれば、さらに効果大。タオルをぐるぐる巻くだけなので簡単!
 (6978)

1 タオルの両端を腰の後ろで持つ

フェイスタオルをタテ4つに折る。手のひらを後ろにして、腰のあたりの高さでタオルの両端を横に持つ。両ひじは曲げないように。
 (6979)

2 タオルを手首に巻き10秒キープ

両手首を内側に回して、ぐるぐるとタオルを巻きつける。真ん中まで来たら、肩甲骨を寄せて胸を開く。固定したまま10秒キープ。
「タオルねじり」を朝行うと、正しい姿勢が1日持続して、ヤセ効果がアップ。おまけに肩や背中のぜい肉も落ちて、見た目がすっきりしますよ!

この記事の監修

あめのもりようこさん

エクササイズクリエーター、健康運動指導士。アンチエイジングメソッド「RPBエクササイズ」を考案。講演会、レッスン、インストラクター養成など、幅広く活躍中。
撮影/土肥裕司 モデル/津山祐子
(からだにいいこと2015年7月号より)