二の腕が細くなる!「肩ほぐし」壁押しストレッチ

公開日:2018.11.6

更新日:2018.11.6

二の腕が細くなる!「肩ほぐし」壁押しストレッチ

姿勢が悪いと肩や首がこるだけでなく、二の腕や背中にも脂肪がつく原因になります。そこでおすすめなのが、壁を使ったストレッチです。

体のカタい人でも無理なくできる

体のカタい人が何の支えもない状態で首や背中を伸ばすと、体がグラついてうまくできず、イヤになってしまうことも。その点、「壁押しストレッチ」は、壁を押しながらゆっくりと少しずつ首や背中を伸ばすので、体がカタい人でも無理なくできます。

二の腕やせに効く! 肩ほぐし

肩から二の腕に刺激を与えて、二の腕の“たれ肉”や背中の“ムダ肉”をスッキリ解消! 肩こりもやわらぎます。

1 壁を背にして立ち、両腕を壁につく

 (1476)

壁を背にして立ち、両手を後ろに伸ばして壁につく。両ひじをまっすぐ伸ばせる所に足の位置を調節したら、ゆっくり1~2回呼吸する。両手はできるだけ壁の上の方について。
※体がカタい人は、手を低い位置にしてもOK。できる範囲で壁に手をつきましょう。

2 壁に手をつけたままひざを曲げる

 (1480)

手の位置を固定したまま、息を吐きながらゆっくりとひざを曲げ、肩や二の腕が気持ちよく伸びる位置でストップ。両手の位置が変わらないように注意。息を吐きながら1の姿勢に戻る。これを10セット行う。

パソコンやスマホなどを長時間使った時など、この壁ストレッチでこまめにリセットすれば、コリも脂肪もためずにすみますね!

この記事の監修

和田清香さん

ダイエットエキスパート。米国認定・栄養学&健康促進コンサルタントの資格をもち、手軽で健康になれるダイエット法を提案。著書に『30秒でスッキリ!壁トレ』他。

撮影/神尾典行 モデル/中田 奈沙 
(からだにいいこと2018年5月号より)