9月号巻頭特集「たるみとむくみを1分で消す魔法」制作ウラ話1

公開日:2019.7.16

更新日:2019.7.16

9月号巻頭特集「たるみとむくみを1分で消す魔法」制作ウラ話1

からだにいいこと9月号の巻頭特集は、体重よりも体形にフォーカスした1分で「たるみ」と「むくみ」を消す魔法のようなテクニック。
しかもテクはすべて1分以内でできちゃうラクちんワザ!
お腹やお尻はもちろん、全身のたるみ・むくみを解決する特集の制作秘話をご紹介します。


9年前から体形が変化していない奇跡の42歳が登場!

吉田佳代さん

吉田佳代さん

撮影中の吉田佳代さん。
9年前とほぼ同じお洋服とポーズで撮影しました。
年齢を重ねていくと「あれ、体重はそのままなのに太って見える?」と気になり始める瞬間がありますよね。
しかし、ボディバランス整体師の吉田佳代さんは42歳にして体形の崩れが見られません。
さらに産後1年という奇跡のボディ!
撮影中も「本当に40代!?可愛すぎる!」とスタジオにいたスタッフ一同が感動!
でも特別な運動をしているわけでも、難しいこともやっていないそうです。

衝撃の比較写真、今すぐ真似できる吉田さんのプチ習慣は、9月号でご確認くださいね。

"おっぱい番長"が美脚への道を指南

ひざ上のポッコリお肉、気になりませんか?
年齢を感じさせる脚の象徴ですが、こちらの解決法もお任せください!
「膝たるみゆらし」の企画にて、"おっぱい番長"こと朝井麗華さんのご自宅にお邪魔し、取材をしました。

朝井さんといえば、"乳トレ"の印象が強いですが、本職は、経絡整体師。
筋肉の断面図を広げながら、筋膜ストレッチの効果を快活に語ってくださいました。

中でも印象深かったのは、筋膜ほぐしの大切さを「蕎麦」と「サランラップ」で例えてくれたこと。
キッチンからおもむろに取り出してきた蕎麦を、サランラップで大まかに包みはじめる朝井さん。

「蕎麦が筋肉で、ぐちゃぐちゃに包んだサランラップが筋膜だと思ってください。
これを上から単純に揉むと、蕎麦(筋肉)は動いてほぐれますが、サランラップ(筋膜)はグチャグチャのままですよね?
このグチャッと癒着した筋膜を伸ばすのが、膝のたるみを解消する第一歩。
そのために、つまんだりゆらしたりするストレッチの動作がとても大切なんです」

そう語る朝井さんの脚をふと見ると、なんとまあ、スッキリ&ほっそり!!!
むくみやたるみとは無縁の美脚ぶり に「膝たるみゆらし」を続けようと担当編集Nは固く誓っていました。
筋肉解説

筋肉解説

監修の朝井麗華さんが細かく丁寧にメカニズムを教えてくださいました。

自分の鎖骨にホールインワンが決まればむくみがスッキリ!?

ゴルフボールを体にコロコロ転がして、ホールインワンすればむくみもすっきり♪
そんな気持ちよくて見た目がスッキリする「鎖骨パター」。
担当した編集Wが2年ほど前にゴルフをしていた経験が生かされた記事となりました。
「社長に気に入られるから」「ゴルフ後に焼き肉を食べさせてもらえるから」という邪な理由だけで1年ほど続けていたそうです。
人生にムダはなかった……!?

ゴルフボールは100均にも売っています。
ただし、キャン★ドゥの一部の店舗でしか扱ってないようなので要注意です。
ダイソーは大きめのスーパーボールが売っているので、それで代用できます!
「スーパーボールの素」みたいなもの見かけたことがあるので、"自由研究"を兼ねて作ってみてもいいかもしれませんね。
モデルの田島有紗さんのゴルフウェア姿

モデルの田島有紗さんのゴルフウェア姿

今回の衣装がかわいくてスタッフが夢中に!
編集Wはユニクロのポロシャツでゴルフをするらしく、モデルの田島さんが着用したゴルフウエアがかわいくてまぶしかったとか。
「ゴルフ場でモテるにはこういう服を着ないとダメだなぁと思いました」と話していました。

巻頭ページに門外不出のヒミツアリ!?

今回の特集は、編集リーダーから「体を集めよ!」との指令が。
もちろん素材集のことではなく、「体を差し出して!」とのこと。
体を張る取材に定評のある編集Wが、たるみ・むくみ代表として撮影に参加してくれました。

鬼のリーダーから「ちょっと!言うほどたるんでないじゃない!」「お昼のカレーはトッピングOKだから、今からもうちょっと増やして!」と編集Wは励まされつつ……!?
カメラマンの協力もあり、無事巻頭ページが完成しました。

たるみ・むくみ特集の巻頭ページ、ぜひチェックしてみてくださいね。
どのページも細部までこだわって作っているので、最初から最後まで楽しんでもらえたら嬉しいです!(編集K)