ツボ刺激「足指ゴムしばり」で下半身ダイエット

公開日:2018.11.4

更新日:2018.11.23

ツボ刺激「足指ゴムしばり」で下半身ダイエット

ツボ押しは肩こりや冷え性などに効果がある治療法として、日本でもなじみ深いもの。人間の体には300を超えるツボがあるといわれ、症状や目的に応じたツボを刺激することで、痛みの治療や病気予防も行われています。

そんな東洋医学の考えに基づいたダイエットが、「指ゴムしばり」。指をゴムでしばって固定することで、指の付け根にあるツボを刺激。この状態を3分保つと、ツボから筋肉に刺激が伝わり、3分間エクササイズを行ったのと同じ脂肪燃焼効果が期待できます。

ヤセにくい人にもツボ刺激は有効

指には多くのツボがあり、そのツボが脳に「筋肉を刺激して!」と指令を送っています。それぞれの筋肉に対応したツボを刺激すると、その筋肉に負荷がかかり、やせやすくなります。

ちなみに足の指を見ると、「ヤセにくい足」か「ヤセやすい足」か、一目でわかります。
指や爪が曲がったり変形したりしていると足指のツボから筋肉に適切な刺激が入らず、ヤセにくくなります。
ヤセにくい足

ヤセにくい足

一方、5本の指がまっすぐ伸び、爪がすべて上向きなら日常動作でそれぞれのツボに正しい刺激が入り、代謝がよく太りにくいのです。
ヤセやすい足

ヤセやすい足

どちらのタイプにも「指ゴムしばり」は効果がありますので、ご安心を。

足の指をしばってひざや足首をほっそりと

「指ゴムしばり」ダイエットの特徴は、やせたい部位ごとにしばる指を変えて「部分ヤセ」を狙えるところ。ここでは悩む人が多い「下半身」ヤセの方法を紹介します。

準備するのは市販の輪ゴムだけ。ただし指が紫になるほどキツくしばらないで。またしばったまま寝るのは危険なので絶対にやめましょう。

ひざ周り

ひざ周りのぜい肉は、筋肉のゆがみを矯正し、正しく使えるようになればとれていきます。人差し指を親指に重ねてしばると、ゆがんだひざ周りの筋肉が正しい位置に戻ります。
 (1271)

重ねるとき上になるほうの指をもう片方の手でつまむように引っ張り、付け根からしっかり重ねます。しばっている間にずれてしまわないように注意。ツボは指の付け根にあるので、ゴムは付け根で固定します。

足首

足首は筋肉がゆがんで外側に広がることでリンパの流れが滞り、太くなります。中指を人差し指の上に重ねると足首の筋肉が刺激されて流れがスムーズに。その結果、むくみや脂肪がすっきりとれてほっそりと。
 (1275)

ひざ周りと同様、上になるほうの指をひっぱり、付け根から重ねます。両足とも同様にしばりましょう。

掃除機かけなどでしばった部位を動かすと効果的

指ゴムしばりは、しばった状態で足や手を動かすことでより効果が出ます。
下半身の部位の場合、掃除機かけ、雑巾がけ、ウォーキングなど、足を動かす家事や仕事の最中にしばっておくといいでしょう。

この記事の監修

松永みち子さん

鍼灸師。「健康痩身の会」主宰。疲労をとるセラピーや東洋医 学に基づいたマッサージなどを行う。著書に『松永式指しばりダイエット』(マキノ出版¥1,296)。

撮影/神尾典行 モデル/原 歩美 イラスト/きくちりえ
(からだにいいこと2018年3月号より)