肉を食べてやせる!「超肉食ダイエット」

公開日:2018.12.20

更新日:2018.12.21

肉を食べてやせる!「超肉食ダイエット」

「ヤセたい! でも食べたい…」、そんなあなたにおすすめなのが、肉をガッツリ食べてやせるダイエット。お肉というと、ヤセたい人がいちばんに「食べるのをやめる」食材のひとつ。実は、それが大きな勘違いだったのです。肉の中でも、特に赤身の肉はダイエットに不可欠な食材。その理由は赤身肉にたっぷり含まれる“たんぱく質と鉄分”。

現代女性に圧倒的に不足しているたんぱく質と鉄分は、血液の材料になって血流を促進。代謝アップには絶対欠かせない栄養素なのです。赤身肉で効率よく補えば、脂肪が落ちるダイエット。なるほど、納得のやせる理由を紹介します。

赤身肉で不足しがちな“たんぱく質と鉄分”を摂って、代謝アップ!

「ヤセたい、ヤセたい」と願っていると、ついつい偏った食事になりがち。すると栄養バランスが崩れ、偏った栄養が脂肪として体内に蓄積されやすくなります。反対に栄養バランスが整っていると、エネルギーとして消費されやすくなり、脂肪が減っていきます。特に不足しがちなのはたんぱく質と鉄分。この2つが豊富に含まれる牛や豚のもも肉やヒレ肉といった赤身肉を食べると、栄養バランスが整い、代謝がアップします。
 (2675)

L-カルチニンをチャージして、たまった脂肪をぐんぐん減らす

赤身肉は、アミノ酸の一種であるL-カルニチンを多く含んでいます。L-カルチニンには体脂肪の燃焼をサポートする働きがあるため、体内に余分な脂肪をためにくくします。この成分は肉以外のものからはほとんど摂れないため、肉食でしっかりチャージしましょう。羊、牛、豚の順で豊富なので、チャンスがあれば羊も積極的に食べて!
 (2678)

「ガッツリ食べる」と運動に匹敵するエネルギーを消費できる!

ダイエットのためにと少ししか食べないと、食べ物を消化・吸収するためのエネルギーがほとんど使われません。ガッツリ食べるほどエネルギーがたくさん使われ、消費できます。特に肉に豊富なたんぱく質は、糖質や脂質に比べ、食事でのエネルギー消費をより高めるため、代謝アップに効果的です。つまり、肉をメインに食べればエクササイズになるのです。ガッツリ食べて代謝を上げましょう!
 (2681)

肉だけガッツリ、米やパンの食べ過ぎには注意しましょう

お米好きさんは肉と一緒に、ごはんをモリモリ食べがち。お米はダイエットの味方なので、普通盛り1膳はOKだけど、それ以上はガマンしたいもの。それでも足りない場合は、小さじ1杯程度の酢を混ぜて食べましょう。糖質を摂りすぎると血糖値が急激に上昇し、脂肪がたまりやすくなりますが、酢は血糖値の急上昇を抑えてくれます。
 (2684)

パン好きさんは注意が必要です。パンのような小麦粉主体の主食には脂質が高いものが多く、消費エネルギーも少ないので、ダイエットにはイマイチ。食べるなら抹茶豆乳(小さじ1/2杯の抹茶+100mlの調整豆乳)といっしょに。市販のパンに多く含まれがちな質の悪い油の酸化を防ぎ、栄養バランスを整えて代謝をサポートします。
 (2686)

食べることが大好きでもやせられる!うれしいダイエット法。おいしい赤身肉料理のレパートリーをふやしたいですね。

この記事の監修

伊達友美さん

管理栄養士。日本アンチエイジングダイエット協会理事。今までに5000人以上の食事カウンセリングを行う。著書に『図解23時から食べても太らない方法』(WAVE出版 ¥724)他
イラスト/といだあずさ
(からだにいいこと2017年6月号より)