骨盤を支える「肛筋はさむエクサ」で美尻&太ももヤセ!

公開日:2018.11.7

更新日:2018.11.7

骨盤を支える「肛筋はさむエクサ」で美尻&太ももヤセ!

骨盤は上半身を支え、下半身の軸となるとても大切な部分。でも日々の動作や間違った姿勢、運動不足などでずれやすく、こうした骨盤のずれがさまざまな不調につながります。

そこで注目したいのが「肛筋」です。
「肛筋」とは肛門周りの筋肉を指す造語。骨盤を下から支えています。肛筋をきたえると、下半身やお腹周りが引き締まり、ゆがんだ骨盤も正しい位置に戻って整います。さらに全身の血行がよくなり、代謝がアップ。消費カロリーが増えてやせやすい体に変わっていきます。

お尻にペンをはさんで「肛筋」を刺激

日常生活で肛筋を使う機会はほとんどありません。いわゆるインナーマッスルなので、意識的に刺激を与えることが大切。

そこでおすすめなのが、お尻にペンをはさんで肛門を締めるエクササイズ。ふだん使っていない分、鍛えれば結果が出やすい部分。続けるうちにプリッと上がった小尻と細ももに!

むくみやゆがみも改善「肛筋エクサ」のやり方

早速「肛筋エクサ」にトライ。基本のエクササイズのほか、お悩み別に3つのエクササイズを紹介します。

美尻になれる基本の肛筋エクサ

背筋を伸ばして自然に立ち、ペンをお尻の割れ目に差し込みます。肛門まわりの筋肉をペン先で包み込むイメージでギュッとはさんで。8秒キープしたらゆるめ、これを3回繰り返します。
肛門にペンの側面が当たるよう、ななめ45度にペンを差し...

肛門にペンの側面が当たるよう、ななめ45度にペンを差し込みましょう。息は止めないで。

ペンはさみ+屈伸でむくみ解消

背筋を伸ばして立ち、ペンをお尻の割れ目にはさんだら両腕を前に伸ばします。背筋を伸ばしたまま膝を曲げ、「きついと感じる一歩手前まで腰を落とし8秒キープ。これを3セット行います。下半身の血流やリンパの流れが改善し、足全体がすっきり。
 (1852)

両腕でバランスをとり、ゆっくり膝を曲げて。ペンを落とさ...

両腕でバランスをとり、ゆっくり膝を曲げて。ペンを落とさないよう、肛門周りの筋肉を意識しましょう。

ペンはさみ+エアフラフープで骨盤ゆがみ矯正

背筋を伸ばして立ち、ペンをお尻の割れ目にはさんだら、フラフープを回すイメージで骨盤をゆっくり回します。左右4回ずつ、3セット。体の軸が整って、骨盤のゆがみが改善されやすくなり、お腹周りの脂肪燃焼も促します。
 (1857)

背中が丸まって前かがみにならないよう注意。上半身はなる...

背中が丸まって前かがみにならないよう注意。上半身はなるべく動かさないで。

ゆがんだ骨盤を整えて健康ヤセ体質へ

肛筋を刺激しながらのエクササイズを続けると、ほかにも、猫背解消、プリッとした小尻効果、太ももスッキリ、O脚やX脚の改善、尿漏れの改善、便秘の解消などさまざまな効果が期待できます。出産を経験すると特にゆるみがちな肛門周り。引き締めて健康ヤセを目指しましょう!

この記事の監修

久嬢由起子さん

整体師。肛筋トレーナー。雑誌やTV等でも活躍中。整体師養成認定講師歴 15年の経験を生かしミスユニバース講師やアスリート、芸能人の顧客も多い。著書に『やせたいなら肛筋を鍛えなさい』(KADOKAWA ¥1,350)。

オフィシャルサイト
http://kujyoyukiko.com/


撮影/神尾典行 イラスト/きくちりえ
(からだにいいこと2018年3月号より)