下腹が凹んで勝手に痩せる体になる「歯磨きクネクネ」

公開日:2018.11.13

更新日:2018.11.13

下腹が凹んで勝手に痩せる体になる「歯磨きクネクネ」

つらい筋トレやジム通いをしなくても、日常生活の簡単な動作でヤセられ、下腹が凹むダイエット方法があります。最大のポイントは、お腹に「円柱」が入っているイメージを持つこと。体は目に見えない補正下着をつけているような感覚になり、その状態で動作を行うだけで、高いシェイプアップ効果が得られます。

お腹に「円柱」が入っていれば、歯磨きが立派な筋トレになります。それが、歯磨きしながら腰を前後左右にふる「歯磨きクネクネ」エクサ。簡単な動きながら血流アップと脂肪燃焼のダブル効果で、普段運動をしていない人なら、これだけで十分体を引き締めることができます。歯磨きしながら、勝手にヤセる体を手に入れましょう。

お腹に「円柱」を入れるとバストアップ&ぽっこり下腹が凹む

同じ年齢の人でも「円柱」のある人とない人では、見た目年齢にグッと差がつきます。円柱のない人はぽっこりお腹の肥満体形、円柱のある人は体幹に支えられた美姿勢です。
まずは、「円柱」の入れ方を紹介しましょう。

1 足を肩幅に開き、リラックスして立つ。
2 ゆっくりと息を吐きながら、下腹をへこませてキープ。
 (1551)

下腹から胸下の胴体部分に、硬い円柱の筒が入っているイメージをする。コルセットや補正下着をつけた状態、またはタオルをきつく巻いた状態をイメージしてもOK。

下腹とウエストがキュッと締まる!「歯磨きクネクネ」

歯磨きの時間に腰をクネクネさせ、骨盤を前後左右にずらす簡単な「ながら」エクサ。下腹のほか、わき腹、背中の引き締め効果もあります。

「歯磨きクネクネ」のやり方

1 歯を磨いているときに両脚を軽く開き、まっすぐ立つ。お腹に円柱を入れて、キュッと引き締める。
2 1のまま腰をゆっくり前後左右にふる。1分ずつが目安。
ふるのは腰だけで、上半身や脚全体が一緒に動かないように注意して。
 (1557)

 (1558)

腰を左右にクネクネ。わき腹を気持ちよく伸ばし、ひざはまげない。
 (1560)

 (1561)

腰を前後にクネクネ。ひざは少しまげる。

この記事の監修

佐々木豊さん

トータルコンディショニングトレーナー。体脂肪コントロール教室「ファットオフ」代表。格闘家をしていた経験から、減量のノウハウに詳しい。監修書に『0秒で理想体型メソッド』(主婦の友社 ¥1,200)。

撮影/神尾典行 モデル/原田ゆか イラスト/後藤知江
(からだにいいこと2018年6月号より)