2月号制作ウラ話「かたまり脂肪の溶かし方・流し方」特集

公開日:2019.12.15

更新日:2019.12.15

2月号制作ウラ話「かたまり脂肪の溶かし方・流し方」特集

月刊『からだにいいこと』2月号の巻頭特集では、下半身に付いた脂肪を減らすテクをご紹介! 簡単には落ちなくなってきたお腹・お尻・脚の脂肪を減らしてきれいにヤセる、とっておきのテクをお伝えします。

女性の宿命・下半身太りを撃退!

誌面で脂肪について詳しく教えてくださった、皮膚科医の中村光伸先生。先生が手術で目にしたという脂肪の見た目や質感の話が、とにかくリアル!

「脂肪は例えるならキメの粗い、油まみれのスポンジケーキ。スポンジを焼くのを失敗するとダマになりますよね。あんな感じのゴロゴロ、モコモコした黄色いかたまりがたくさん集まって、皮膚の下にパンパンに詰まっています」(中村先生)

誌面では脂肪細胞の顕微鏡写真も掲載していますが、中村先生の言う通り。黄色い丸い物体がたくさん集まっていて、結構ショッキングです。

でも大丈夫!『からだにいいこと』には、そんなにっくき脂肪を減らすテクが満載ですよ!
 (18949)

有名ラグビー選手のあのポーズも!?

 (18984)

『からだにいいこと』のダイエットは、ラクで手軽で個性的なのが特徴。今月号は日本中が盛り上がったあのブームにあやかって(?)、ラグビーにちなんだ“やせポーズ”も取り上げました。

キック前に集中する某選手のようなこのポーズ、1分行うと24時間脂肪が燃焼し続けるという、すごい効果があるんです! ちょっぴり息が上がるかもしれませんが、効果を考えたらかなりコスパの良いダイエットですよね。
 (18985)

一方こちらは「上半身しか動かしていないのに、なぜか下半身がヤセる」という不思議なダイエット法の撮影中。腕と指を使うだけなので、外出中やふと気づいた時など、いつでもどこでもできるのがポイントです。

誌面には、このテクを2週間続けただけで下腹が6cm減った読者さんも登場しています!

撮影現場は和気あいあい!

 (18986)

今回のモデルは、『からだにいいこと』には何度も登場いただいている清家祥子さん。

撮影の合間に小道具の大根で遊ぶ清家さんに、スタッフ一同大爆笑! ノリノリで投球ポーズ(?)を決めてくれました(食べ物で遊んでごめんなさい。撮影後スタッフが持ち帰って食べました)。
 (18987)

こんなにキュートでも、実はママ! 撮影後はお迎えへ走っていました。

何かと誘惑が増える年末ですが、『からだにいいこと』2月号のテクがあれば怖くない! 下半身の脂肪をスッキリ減らして、新しい年を迎えましょ~♪ ぜひ書店でチェックしてみてくださいね。

ネットでのお買い求め、定期購読についてはこちら