正座で寝るだけ!ぽっこり下腹に 毎晩3分「寝たまま正座」ポーズ

公開日:2019.12.26

更新日:2020.7.28

正座で寝るだけ!ぽっこり下腹に 毎晩3分「寝たまま正座」ポーズ

何かとせわしなく疲れが溜まりやすい年の瀬に、面倒なエクサなんて! そんな時におすすめなのが正座で寝るだけ「寝たまま正座」!寝る前に3分、簡単1ポーズで骨盤の歪みを取り、お腹ポッコリの原因の落ち込んだ内臓を引き上げてくれます。気持ちよく眠れるようになり、お腹も凹んで行って内臓も元気に!

この記事の監修:永井 峻(たかし)さん

 (19345)

楽ゆる整体・スクール代表。整体セラピスト。「早い、かんたん、なのに効く!」をモットーとしたケアが好評。最新刊に『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(高橋書店)。

“正座”姿勢で3分寝るだけ。ゆがみ改善、お腹が凹む!

「背骨や周辺の筋肉は、家事やデスクワーク中に引っぱられて緊張します。すると背骨の本来のアーチが失われて歪みます。その歪みは、背骨と繋がる骨盤にも広がります」と、整体セラピストの永井峻さん。骨盤の歪みは下腹ぽっこりの原因になりますが、「寝る前の1ポーズで改善できますよ!」

あお向けになってひざを曲げ、巻いたタオルを腰の下に3分置くだけ。このポーズで崩れた背骨のアーチがよみがえり、連動して骨盤も正しい位置におさまり、やせスイッチON! ゆがみの影響で下がった内臓が引き上がり、内臓の働きも高まって血流と代謝がアップ。毎晩少しずつ下腹がスリムになっていきます。
ゆがみが改善することで背骨を通る神経への圧迫がなくなり、緊張もほぐれるため、眠りの質もグンとアップする嬉しい効果もあります。

腰椎をほぐして「ゆがみ」を改善

 (19342)

背骨が緊張すると、一番ダメージを受けるのが、へその裏あたりにある腰椎です。この腰椎をピンポイントでほぐすことで背骨と骨盤のゆがみを改善するのが「寝たまま正座」。
ゆがみが正されると垂れていた内臓が引き上がり、お腹周りの血流と代謝がアップ。やせスイッチが入って脂肪が燃えるようになります。

「寝たまま正座」のやり方

準備:まきまきタオルの作り方

 (19343)

バスタオル1枚、またはフェイスタオルを2枚重ねてまき、ヘアゴムなどで留めます。
腕の太さ程度がベスト。

巻いたタオルを腰の下に置き、両ひざを立てる

 (19344)

あお向けになり、腰の下にまいたタオルを置く。両ひざを立て、かかとをできるだけお尻に近づける。手のひらを上に向け、腕は体のわきに。この状態を3分キープ。

普通の正座よりもラクで脚に負担をかけずに姿勢を正せるのが、「寝たまま正座」の特長です。
 (19340)

さらに+してお腹ヤセ! 朝イチの「お尻ふりふりエクサ」

 (19341)

目が覚めたら、巻いたタオルを腰の下に置く。
寝る前と同じ「寝たまま正座」の体勢をとり、そのままお尻を左右に50回ふる。
大腰筋などお腹周りの筋肉がほぐれて体が動きやすくなり、1日のエネルギー消費量が高まります。

からこと読者も体験!

【寝ている間に下腹ヤセ成功。腰痛もなくなりました!】
「寝たまま正座」をすると、気持ちよく眠れるように。2日目の朝から起床がラクになり、効果を実感。日中も動きやすく、ちょっとした事で出ていた腰痛が全くなくなりました。お腹がへこんだうえ、体調もよくなってうれしい!( Nさん:40代後半)
【下腹がスッキリ、むくみまで解消!いいことずくめでした♪】
つらい運動が苦手でぽっこり下腹が悩みでした。「寝たまま正座」はラクちんすぎるので、本当に効くの!?と思いましたが、下腹のサイズがダウンして驚き! お通じも肌の調子もよくなり、顔のむくみまでスッキリしました。(Sさん:30代後半)
撮影/神尾典行 モデル/土屋希美 イラスト/後藤知江
(からだにいいこと2017年11月号より)