10月号巻頭特集「寝るだけでヤセる」制作ウラ話

公開日:2019.8.15

更新日:2019.8.16

10月号巻頭特集「寝るだけでヤセる」制作ウラ話

からだにいいこと10月号の巻頭特集は、睡眠の質を上げるだけでみるみるスマートになっちゃう、「寝るだけでヤセる」裏技をご紹介。ここでは、撮影時のほっこりエピソードをレポートします。

「歯ぐきツボ押し」は、先生がモデルとして登場!

 (12248)

カメラマンさんも小川先生の話に興味津々。

カメラマンさんも小川先生の話に興味津々。

「寝る前 『歯ぐきツボ押し』で起きたら腹ペタ尻プリ!」という企画では、「口腔内エステ」「歯ぐきツボ押しダイエット」を提唱している、歯科医の小川恵子先生を取材。

歯茎ツボ押しの前に行う準備体操の撮影では、小川先生が直々にモデルとして登場。魚の“おこぜ”のように口をあんぐり開けるその姿は圧巻です。(誌面を見れば分かるはず!)

取材中に印象に残った話は、「口腔内マッサージをすると、ほとんどの人が1分以内で寝落ちするんです」というもの。リラックス効果が絶大で、不眠がたちまち解消するそう。

口腔内マッサージはほかにも、唾液が出やすくなるので虫歯予防にも効果があったり、
顔のむくみがとれたり、ほうれい線が薄くなったりと、いいこと尽くめ。編集Nも暇を見つけては、実践中です!

ちなみに小川先生の施術は、「飯田橋内科歯科クリニック」と、「医療法人小川歯科医院」で受けることができます。

飯田橋内科歯科クリニック
http://www.senshokai.or.jp/

医療法人小川歯科医院
http://ogawa-dental.or.jp/

体験レッスンも実施中。詳しくはこちらをチェックしてみて。
https://ameblo.jp/keiko-o/

「セルフハグ」を監修した教授は、“歩くオキシトシン”だった

山口創教授(桜美林大学 リベラルアーツ学群)

山口創教授(桜美林大学 リベラルアーツ学群)

 人間が安らぎや幸せを感じると分泌されるホルモン・オキシトシン。その研究の第一人者と言われている桜美林大学の山口創教授に「セルフハグ」の監修をお願いしました。

 山口教授いわく、オキシトシンは信頼できる人、安心できる人とのふれ合いで分泌されるとのこと。たとえ家族でも嫌悪感があれば分泌されず、逆に初対面の人でも心地よさを感じれば分泌されるそうです。

教授の優しい声色と落ち着いた風貌は、まさに信頼と安心そのもの。初めてお会いしましたが、名刺を交換した瞬間からとても気持ちが安らぎました。きっと私の体内では、オキシトシンが大量に分泌されていたはず。

恥ずかしがらずに最後に握手をしてもらって、オキシトシンをさらに増やしておけばよかったと後悔する、編集Wでした。

読者が10日間、誌面で紹介した“全テク”をフル体験

 他にも「深部体温コントロール入浴」「イモムシゴロゴロ」「ヨガニードラ」「朝バナナ夜大豆」など、簡単なのにヤセ効果のあるダイエット法をセレクト。これらを全部10日間続けた読者のチャレンジも紹介しています。どのぐらいヤセられたのか、睡眠の質はアップしたのか……。その結果も、実際に本誌をお手に取って確認してみてくださいね!

ネットでお買い求めの方や定期購読はこちら