顔歪みを整えてー10歳!「筋膜ひっぺがし」でバランスが良い若顔に

公開日:2020.3.3

更新日:2020.3.3

顔歪みを整えてー10歳!「筋膜ひっぺがし」でバランスが良い若顔に

目が片方だけ小さくなった、おでこがのっぺりしてシワが増えた、なんて悩みはありませんか? 
老化などで顔の筋膜が縮んで癒着すると、リンパの流れが悪化して皮下に老廃物が溜まり、
左右のアンバランスが大きくなることに。
癒着した筋膜をひっぺがしてスッキリ流せば、整った若顔に変身できますよ! 

この記事の監修

那賀洋子さん

 (21810)

美容家、サロン経営者。筋膜美容協会理事長。著書に『マイナス15歳肌をつくる 顔筋ひっぺがしメソッド』(あさ出版)。

顔のバランスと若さは、筋肉のほぐれ方で決まる

いつの間にか片方の目が小さくなっていたり、眉尻や口角が下がったり。
「これらの顔の左右不均衡の元凶は、実は老廃物なのです。老廃物が目まわりに溜まって目が小さくなったり、栄養の吸収が邪魔されて肌が衰えたりします。この老廃物を排出するカギが『筋膜』です」と言うのは、美容家の那賀洋子さん。
そこで筋膜をほぐす「ひっぺがし」メソッドを開発しました。

筋膜は筋肉などを包む薄い膜。通常は軟らかく弾力がありますが、加齢などにより硬く委縮し、筋膜が癒着すると、筋肉の動きが邪魔されて悪くなり、リンパの流れも悪化。老廃物が肌に溜まりがちに。

「癒着した筋膜をひっぺがして老廃物を流せば、顔のバランスが整いやすくなります。栄養の吸収も良くなって、肌がきめ細かくなる効果も期待できますよ」
ビフォアアフターの違いに、体験した読者からも驚きの声が上がりました!

“筋膜”が「顔ゆがみ」「 老け」撃退のカギ!

 (21833)

加齢などの影響で、顔の筋膜が縮んで癒着する。
すると顔の筋肉が動きにくくなり、リンパの流れが悪化。顔に老廃物が蓄積される。
癒着した筋膜にひっぱられて頭蓋骨がゆがむことも。
 (21812)

筋膜がしなやかで、筋肉もなめらかに動ける状態。
老廃物は自然と排出されて、顔のバランスを崩す肌の凸凹も少ない。
頭蓋骨にも余計な力がかからず、ゆがみにくい。

ゆがみ解消には「筋膜ひっぺがし」を!

 (21813)

【筋膜がゆるみ、顔の筋肉が動く】
肌の奥まで刺激が届くと癒着した顔の筋膜がゆるみ、ひっぺがされる。筋膜に柔軟性が戻り、顔の筋肉が動きやすくなる。

【老廃物が出て、顔のバランスUP】
筋肉の動きに連動してリンパの流れが改善。すると、まぶたやひたいに溜まっていた老廃物も一緒に排出され、顔のバランスが整いやすくなる。

【栄養が行き届き、顔が若返る】
滞っていた老廃物が流れると、栄養が隅々までいきわたり、筋肉や肌の状態が改善。自己回復力があがって、自然と若顔に!

「筋膜ひっぺがし」のやり方

ウォーミングアップ

 (21814)

「ひっぺがし」の前に、あご裏や鎖骨など“ゴミの出口”をほぐしておくと、老廃物が流れ出やすくなります。
 (21815)

下あごの裏のくぼみに、利き手の親指をあてる。右のエラに向かって、骨にそって親指をスライドさせる。これを10回繰り返す。左側も同様に。
 (21816)

右手の親指と人差し指の第二関節で、左の鎖骨をはさむ。そのまま外側に向かって、手をスライド。これを10回。右側も同様に。

親指には特に力を入れて、鎖骨の上側のくぼみに食い込ませるように。
 (21817)

利き手の中指と薬指の先をデコルテの真ん中、鎖骨よりやや下にあてる。そのまま強く押しつつ、5㎝ほど下まで指をすべらせる。これを5回繰り返す。

爪が肌に当たらないように注意。力を入れにくければ、人差し指と中指でもOK。
 (21835)

効果UP! アドバイス

【ひたいを先に】
ひたいと目のひっぺがしを行うならひたいを先に。ひたいにある前頭筋をほぐすと、顔全体のバランスが整いやすく。

【耳をつかんで回す】
ひっぺがしの後は、手で耳をつかみ、前と後ろに15回ずつ回すのがオススメ。血行が良くなり、老廃物がさらに流れます。

【水分の多いジェルで】
ひっぺがしを行う時は、水分の多いオールインワンジェルなどを使って。すべりが良くなって、肌が傷つきにくくなります。

【お風呂あがりがオススメ】
いつ行ってもいいのですが、オススメはお風呂あがり。血行が良い時に行うと、効果が現れやすくなります。

実践編[1]ひたいひっぺがし

ひたいにある「前頭筋」の筋膜をほぐすと、ひたいがふっくらして、顔全体も若々しい印象に!
 (21819)

【基本のポーズ】
机に両ひじをつき、手に体重をかける
テーブルに両ひじをついて、両手を軽くにぎる。
こぶしを髪の生え際にあて、頭をのせて体重をかける。
 (21823)

【1】髪の生え際に手をあて眉の上までスライド
髪の生え際にあてたこぶしを、眉の上までまっすぐスライドさせる。
両手に体重をかけて強く押し、頭蓋骨まで刺激が届くように。

親指以外の指の第一関節と第二関節の間をあてる。ひたいが狭い人は、第二関節の骨を使って。

【2】体重を指先にかけつつ、こめかみの方向へスライド
眉の上までこぶしがきたら、右手は右のこめかみ、左手は左のこめかみへ向かって、強くスライドさせる。

1〜2を5回繰り返す。
繰り返すごとにこぶしをあてる位置をずらして、ひたいをまんべんなくほぐす。

実践編[2]目まわりひっぺがし

目まわりにある「眼輪筋」の筋膜をほぐすと、目がぱっちりして大きさも揃いやすくなります。
 (21820)

【基本のポーズ】
片ひじをテーブルにつき、親指を眉頭の下のくぼみにあてる。
頭をのせるようにして、指先に体重をかける。
 (21824)

【1】親指と人差し指の先で眉頭の骨をつかむ
眉頭のあたりにある骨のふちを、親指と人差し指でしっかりつかむ。ひじをついている方の指で、同じ側の骨をつかんで。
スタート前に、眉頭の下のくぼみに親指をあてて、小さく円をえがいてほぐすと効果アップ。

【2】体重を指先にかけつつ眉尻に向かってスライド
親指と人差し指で骨をつかんだまま、眉尻の方向へ指をスライドさせる。1〜2を5回繰り返す。反対側も同様に。

指をすべらせるのが難しい時は、かわりに親指と人差し指で眉の上下4カ所を押してもOK。

読者が2週間実践してみました

両目がそろってフェイスラインがスッキリ!
S.Mさん(40代後半)
右目が小さいのが悩みでした。毎朝、力をしっかり込めてマッサージしたら、最初は痛かったのですが徐々に気持ちよくなりました。2週間後には両目の大きさが揃って、フェイスラインもスッキリ!
むくみが取れて左目がぱっちり開き、肌も潤うように。
M.Hさん(30代後半)
朝晩、肌の手入れの際に行っていました。顔のむくみがとれて、開きにくかった左まぶたが開くようになりました! お肌も去年よりも乾燥しにくくなったように思います。
撮影/福島章公 モデル/川野由架子 イラスト/もと潤子
(からだにいいこと2020年3月号より)