レモンオイル+レモン皮でイボが取れる!

公開日:2019.1.1

更新日:2019.3.19

レモンオイル+レモン皮でイボが取れる!

イボが顔や手足に次から次にでき、どんどん増えていく…。もう治らないと諦めていませんか? 「レモンオイル+レモンの皮でイボをとる方法」は、鍼灸師のあいざわゆきこさんが見つけた最強攻略法。レモンとオリーブオイル、絆創膏とサージカルテープがあれば簡単です。イボが完全に消滅した方法、お試しあれ!

皮膚科でもとれなかったイボが身近なものでとれる!

鍼灸師の商売道具の指にイボができて皮膚科を受診したあいざわさん。レーザー治療でイボはペッタンコになりましたが、1週間後には元の姿に!皮膚科は断念して、ネットでイボとり方法を探し始めました。消しゴム片をイボにあて、医療用テープで巻く療法のほか、ガムテープ貼り、もぐさでイボを焼く焦灼灸…あらゆる方法を試しても増えるばかり。そしてついに出会ったのが“レモン”。3週間でキレイにイボが取れた方法、詳しく紹介します。

昼はレモンオイルを塗り、夜はレモンの皮をあてるだけ! 

用意するもの

 (3162)

レモン…1個 
オリーブオイル(化粧用)…50ml  
絆創膏…適量 
サージカルテープなど…適量

下準備

 (3165)

レモンの皮をむき、果肉と皮に分ける
レモンのヘタを取り、皮を包丁で厚くむいて、皮と果肉に分ける。皮はあまり細かくしないように。

昼用レモンオイルの作り方と使い方

 (3167)

レモンの果肉を6等分くらいの輪切りにし、果肉の中の種を取り出す。種を縦半分に切る。
 (3169)

種が全部沈んだら塗りごろ。
 (3171)

イボにレモンオイルを塗り、日光が当たらないよう絆創膏を貼る。1日2、3回塗り直すのが効果的。
レモンには日光に当たるとシミになりやすい成分があるので注意して。

夜用レモンの皮の作り方と使い方

 (3174)

レモンの皮をイボより少し大きめのさいの目に切る。その日の分以外は瓶に入れて冷蔵保存する。
 (3176)

切ったレモンの皮を、内側の白い部分がイボにあたるようにのせる。イボ全体が隠れるようにのせるのがポイント。
 (3178)

レモンの皮の上から、医療用サージカルテープなどを巻いて圧迫し、就寝。起床後、テープをはがす。
「おまじない」にまですがったあいざわさん、レモンとの出合いでイボとの戦いは終わり、復活のきざしもない平和な日々を送っているとか。イボにお悩みの方は、ぜひぜひ試してみてね!

動画でも作り方をチェック!

「レモンオイル」+「レモンの皮」のイボとりテク

この記事内容の体験者

あいざわゆきこさん

はり灸指圧治療ぬくまる屋店主
撮影/阿部吉泰 イラスト/カシワギマリ
(からだにいいこと2018年10月号より)