本当にきれいになれるサロン選び Vol.1 「美肌読者座談会」

公開日:2020.3.16

更新日:2020.3.16

本当にきれいになれるサロン選び Vol.1 「美肌読者座談会」

年齢とともに変わる肌悩みに、どんな化粧品を使っていいかわからない…そんな時、頼りになるのが「サロン」と「サロンコスメ」です。使いこなしている読者にそのコツを聞きました。

座談会に参加した美肌読者はこの3人!

 (22525)

【写真右】梅原恵理子さん(40歳)
20代の頃からリラクゼーション目的でエステサロンに。アロマ、フェイシャルなどトータルで施術を受けられるサロンが好き。

【写真中】遠藤みやびさん(36歳)
もっぱらボディエステ専門だったが肌のたるみを感じた時にフェイシャルエステに開眼。医療系サロンを頼りにしている。

【写真左】森山里奈さん(33歳)
8歳、6歳、4歳の3児のママ。出産後に現れたシミに悩んでサロンの門をたたく。サロンへ行く回数は月1回程度。

セルフケアの限界を感じたらサロンに頼るのもアリ

編集部 皆さん、さすがお肌がピカピカですね! どんなきっかけでサロンを利用するようになったのですか?

森山さん 私は子供を産んだ時にシミがひどくなってしまって。自分でいろいろな化粧品を試してみたのですが、どうにもならなくてプロの手を借りることにしました。

遠藤さん 以前はフェイシャルには興味がなかったんです。シワぐらいなら保湿でなんとかなると思って。でもたるみが気になり始めた時に、サロンにまかせることも必要だと思いました。

梅原さん 私はシミが濃くなってきて、美白のためにサロンに行ったのですが、サロンの方に「乾燥肌ですね」と言われて。それでサロンで保湿を徹底したら、シミも薄くなったんです。自分では気づかない原因を指摘してもらえるのは、サロンならではだと思います。
 (22537)

森山さん 私はニキビが気になっていた時、サロンで食事などのケアも教えてもらって助かりました。肌悩みに対してトータルにアドバイスがもらえるのもサロンの良さですよね。
 (22542)

編集部 サロンのコスメも利用されているそうですが、どういうところがいいと感じますか?

遠藤さん サロンや美容医療でのケアは、肌の土台がしっかりしていてこそ効くものだと実感しています。そのスペシャルケアを効かせるために、普段から肌の基礎を固めてくれるのがサロンコスメですね。
 (22544)

梅原さん 今は情報が多すぎて、何がいいのかわからなくなります。信頼できるサロンに自分に合ったコスメをすすめてもらえると、必要ないものを買わずに済んで結果的にお得です。

どんなコスメを使うかがサロンを見極める目印にも

編集部 いいサロンに出合うにはどうすればよいですか?

森山さん クチコミはある程度頼りになるので、ネットやSNSで検索するのがおすすめです。しっかりしたコスメを使っているところは信頼できるので、どんなコスメを使うのかを確認するのもいいですね。

編集部 どんなコスメがおすすめですか?

遠藤さん 成分で言えば、注目しているのはヒト幹細胞。肌の基礎力に不可欠なので、使っていないと不安になるぐらいです。

森山さん 幹細胞はオール的なアンチエイジングですよね。

梅原さん アンチエイジングと聞くと気になります(笑)。

編集部 年を重ねるごとに肌のケアもコスメ選びも難しくなってきますが、サロンには大きなヒントがありそうですね。今日はありがとうございました。

「サロン」と「サロンコスメ」について読者438人に聞きました 


『からだにいいこと』読者レポーター438人にアンケートをとったところ、エステサロンを利用している人は3割弱ですが、サロンコスメを体験してみたい人は75%もいることがわかりました。「効果がありそう」「最先端の成分が入っていそう」「自分の肌悩みに合ったものが購入できそう」など、市販のコスメ以上の機能性が期待されているようです。
 (22549)

SNSで話題のNo.1幹細胞サロンコスメもお試し!

遠藤さんと森山さんが一番注目しているという「幹細胞」。ヒト幹細胞を7種類も使っていると話題の幹細胞コスメをタッチ&トライしてもらいました。
 (22555)

7 種類のヒト幹細胞を高配合した美容液は、肌の上にのせるとシュワシュワと細かい泡が立ちます。「これが皮膚が活性化している証拠なんでしょうか。初めて体験する感触です」(遠藤さん)。
 (22559)

ヒト幹細胞と植物幹細胞LPSを配合した美容液をお試し。「美容液なのにクリームみたいに濃厚。でも塗るとサラッとするんですね。なんだか特別な機能性がありそう」(森山さん)。
 (22564)

撮影/大槻夏路
(からだにいいこと2020年5月号より)